上司が部下をしつこく過剰にいじるのはパワハラだ

上司が部下をしつこく過剰にいじるのはパワハラだ

会社において、新入社員や後輩、部下をいじる人間が存在します。

また、先輩や上司からいじられた経験がある方は結構多いのではないでしょうか?

軽い冗談のようなものだったり、頻度が少ないなら特に気にならないかもしれませんが、頻繁に且つ侮辱するような内容でいじられたら嫌な思いをするでしょうし、場合によっては酷く傷付くことになります。

このように、あまりにも過剰ないじりは最早パワハラであり、許されることではありません。

今回は、上司が部下をしつこく過剰にいじるのはパワハラであることについて解説します。


上司が部下をしつこくいじるのはパワハラ

相手を傷つけないような内容で軽くいじるならまだしも、あまりにもしつこく過剰に部下をいじるのは立派なパワハラです。

理由としては「精神的な苦痛を与えている」「スケープゴートとして部下を利用している」などが挙げられます。

ここでは、部下をしつこくいじる上司の行為がパワハラである理由を詳しく解説します。


関連記事:職場や会社にいるうざい先輩の特徴!こんな奴は相手にせず無視するべき




スポンサーリンク


精神的な苦痛を与えている

まず、何度も何度もしつこくいじられたら誰だって嫌な気持ちになります。

また、それが軽い冗談ならまだしも、人格を否定するような内容だったり、肉体的、精神的なことを馬鹿にするような内容なら尚更でしょう。

このように、過剰ないじりは部下に精神的な苦痛を与えることになるため、立派なパワハラだと言えます。

いじられて辛い思いをしていたとしても、「これくらい我慢した方がいいのでは?」と思ってしまう方が多いですが、我慢できないほど辛いなら信頼できる窓口に相談することをお勧めします。


スケープゴートとして部下を利用している

部下を過剰にいじる上司は、その部下を職場におけるスケープゴートにしようとしている可能性があります。

上司が同じ部下を何度も人前でいじり、馬鹿にし続けると、他の同僚は徐々に「あいつはいじってもいい人間だ」と思うようになっていきます。

そして、何かしらのきっかけ(仕事で嫌な事があった、会社に不満を感じた等)があった際、同僚もその部下をいじってストレスを解消しようとします。

このように、部下をいじる上司は「いじってもいい人間」を意図的に作り上げ、その人間を職場のガス抜きをする為のスケープゴートにしていると言えます。

上司や同僚はそれでいいかもしれませんが、いじられる部下からすると堪ったものではありません。

これも、部下をしつこくいじる上司の行為がパワハラである理由の一つです。


関連記事:会社で「怒られ役」になってしまったらさっさと退職するべき理由

お知らせ

この度、Amazon Kindleにて電子書籍「若者を食いつぶす老害上司の生態と特徴: 会社に巣食うモンスター」を出版しました。
本書では、自分の立場を利用し、若手社員を虐げる「老害上司」に焦点を当て、その特徴と生態を解説しています。

Kindle Unlimitedに加入されている方なら無料でお読みいただけます。



若者を食いつぶす老害上司の生態と特徴: 会社に巣食うモンスター

上司としての役割を果たせていない

多くの場合、上司からしつこく過剰にいじられた部下は、仕事に対するモチベーションが下がっていきます。

当然ですが、モチベーションが低いままではろくな成果を出すことができない為、会社にとってマイナスになります。

部下のモチベーション管理は上司の役割の一つです。

部下のモチベーションを上げるどころが、意味もなくいじってやる気を無くさせる上司は管理職として失格だと言えます。


電子書籍を出版しました!
この度、Kindleにて電子書籍を出版しました。

日々、理不尽なパワハラ上司から叱られ続け、「自分はダメな人間なんだ…」と自分を責めてしまっている方に向けた書籍であり、「悪いのは自分ではなく上司の方だ」と認識出来るような内容になっています。

Kindle Unlimitedに加入されている方なら無料でお読みいただけます。



部下を潰す自分勝手な上司たち: パワハラをするクズ上司からの洗脳を解き、自尊心を守る



部下を潰す自分勝手な上司たち: パワハラをするクズ上司からの洗脳を解き、自尊心を守る

最後に

今回は、上司が部下をしつこく過剰にいじるのはパワハラであることについて解説しました。

何度も何度も部下をいじり、精神的な苦痛を与える上司の行為は立派なパワハラです。

上司自身は「そんなことで文句を言うな」と思うかもしれませんが、部下からすると「そんなこと」ではありません。

もし、上司から過剰にいじられて辛い思いをしているのなら、我慢せず社内外の窓口等に相談することをお勧めします。

お知らせ

Amazon Kindleにて電子書籍「社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口: こうしてみんな壊されていく」を出版しました。
本書では、「うちの会社ってもしかしてブラック企業?」「上司から洗脳されているのかもしれない」と疑問を持っている方に向けて、ブラック企業が行う洗脳の具体例を解説しています。

Kindle Unlimitedに加入されている方なら無料でお読みいただけます。


社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口: こうしてみんな壊されていく

スポンサーリンク


この記事を書いた人

社畜シンド

大学卒業後、大企業から中小零細企業まで様々な規模のブラック企業にて合計約10年勤務。 過去の経験を活かし、ブラック企業やパワハラに悩んでいる方に向けて当ブログ及びツイッターで情報発信を行う。 ツイッターのフォロワー数1万人以上。 Amazon kindleにて電子書籍「部下を潰す自分勝手な上司たち」「社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口」を出版。