仕事のモチベーションが上がらない時の対処法・上げ方

仕事のモチベーションが上がらない時の対処法・上げ方

公開日 2021年2月20日 最終更新日 2021年8月7日

給料が安い、仕事がつまらない、頑張っても上司から評価されない、何となくやる気が出ない等、会社員なら仕事のモチベーションが上がらないと感じるときは誰でもあります。

そもそもの原因を解消できればいいのですが、すぐには難しい場合がほとんどです。

とは言え、モチベーションが低いからと仕事をしない訳にはいきませんし、どんどん仕事が溜まって大変な事になりかねません。

そこで今回は、一時的にでもモチベーションを上げる方法や上がらない時の対処法をいくつかご紹介します。


関連記事:独身サラリーマンが仕事をするモチベーションは何か?

モチベーションの上げ方

サラリーマンが仕事へのモチベーションを上げるには、自分で何とかしなければいけません。少し考え方を変えてみたり、仕事外で何か楽しみを見つけてみることが効果的です。

また、時には思い切って休んでしまうのもいいでしょう。それぞれ具体的に解説します。

簡単な目標を設定する

簡単な目標を設定し、それをクリアすることで達成感を味わいモチベーションを上げる方法。ここで重要なのが、短期間で簡単に達成できる目標を立てることです。

デスクの周りを整理する・メールを5件返信する・会議に使用する資料の一部を完成させる等、1日単位で達成できそうな目標を立てましょう。

これにより成功体験や達成感が味わえ、難しい仕事にも少しずつ取り組めるようになります。


一度仕事の手を止める

やる気が出ない時にだらだら仕事をしていても効率が悪いです。いっそ一度手を止めてデスクから離れてみましょう。

トイレにでもこもってスマホをいじるなり、社内を散歩して気分をリフレッシュすることで仕事に戻ったときに集中して作業を進められます。

ただし、あまり頻繁にデスクから離れてしまうとサボりだと思われてしまう可能性があるので注意が必要です。


自分へのご褒美を用意しておく

仕事帰りに好きなものを食べに行く、前から気になっていた洋服を買いに行く、翌週に有給をとり温泉旅行にでかけるといった具合に頑張った自分へのご褒美を用意しておきましょう。

仕事が終わった後に楽しみがあると仕事に関する嫌な気持ちを一時的に切り離せます。

これを継続することで無理矢理モチベーションを上げ続けることが出来ますが、ご褒美の内容によってはお金がかかり厳しいかもしれません。


仕事を休む・早退する

どうしてもやる気がでない時は思い切って仕事をずる休みしたり早退してしまうのも一つの手です。

その日は完全に仕事から離れて好きなことをしましょう。気分転換してまた翌日から頑張ればいいのです。
ただし、欠勤や早退の理由によってはその後どうなったか聞かれることもあるのでうっかりバレないよう気をつけましょう。

また、頻繁にこの対処法を実行すると上司や同僚からの評価が下がりますので頻度には気をつけてください。


ライバルを見つける

仕事上でのライバルや競争相手を見つけ自分を奮い立たせる方法。自分の心の中でライバルに設定し、絶対負けないと意識します。

彼より分かりやすい資料を作ろう、早く仕事を終わらせて他の人の仕事を手伝い
評価を上げようといった感じで競争心をもてば自然とモチベーションが上がってきます。

但し、もし負けてしまったらさらにやる気が出なくなるかもしれませんので勝てそうな相手をライバルに設定しましょう。

最後に

以上、今回は仕事でモチベーションが上がらない時の上げ方・対処法をご紹介しました。やる気が出ないと仕事の質も落ちますし、社内の評価も下がります。できるだけ高いモチベーションを持って仕事をしたいですね。