上司ガチャで外れを引いた場合どう対処したらいい?

上司ガチャで外れを引いた場合どう対処したらいい?

公開日 2021年6月27日 最終更新日 2022年8月27日

会社員として働く以上、「上司」という存在は必ず居ます。

この「上司」は仕事をする上で非常に重要な存在であり、スキルアップやキャリアプランにも影響してきます。

良い上司に当たったのなら最高ですが、色々な意味で悪い上司に当たってしまった場合、日々ストレスが溜まっていくだけでなく、最悪病気になって休職や退職をする羽目になるかもしれません。

当然、良い上司の下で仕事をしたいですが、上司を選ぶことはできません。

これは「上司ガチャ」なんて呼ばれたりしますね。

今回は、上司ガチャで外れを引いてしまった場合、どう対処したらいいのか解説していきます。





スポンサーリンク


外れ上司の特徴

悪い上司・外れ上司の特徴として、常に攻撃的な言動をすることが挙げられます。

部下の粗探しをして、少しでもミスがあれば怒鳴りつけるような行動を取ります。

いつも機嫌が悪く、イライラしているような雰囲気を出す為職場の空気が悪くなります。

そういった上司へは報連相をするのが億劫になり、さらにミスが増えるといった悪循環になりがちです。

また、人の好き嫌いが激しくそれを仕事に持ち出すのも外れ上司の特徴の一つです。

自分が気に入っている部下には優しく接し、嫌いな部下には仕事を教えることすらしなかったりとかなり厄介な存在です。

当然そういった上司は部下の評価にも私情を挟み、正当な評価を得られず徐々に仕事のやる気が無くなっていきます。

お知らせ

Amazon Kindleにて電子書籍「社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口: こうしてみんな壊されていく」を出版しました。
本書では、「うちの会社ってもしかしてブラック企業?」「上司から洗脳されているのかもしれない」と疑問を持っている方に向けて、ブラック企業が行う洗脳の具体例を解説しています。

Kindle Unlimitedに加入されている方なら無料でお読みいただけます。


社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口: こうしてみんな壊されていく

最後に、各種ハラスメントをする外れ上司も存在します。

代表的なのはパワハラを平然とする上司です。体調が悪いのにも関わらず出社させたり、人格を否定するような発言を繰り返したりと部下だけでなく会社にとっても不利益な存在です。


電子書籍を出版しました!
この度、Kindleにて電子書籍を出版しました。

日々、理不尽なパワハラ上司から叱られ続け、「自分はダメな人間なんだ…」と自分を責めてしまっている方に向けた書籍であり、「悪いのは自分ではなく上司の方だ」と認識出来るような内容になっています。

Kindle Unlimitedに加入されている方なら無料でお読みいただけます。



部下を潰す自分勝手な上司たち: パワハラをするクズ上司からの洗脳を解き、自尊心を守る



部下を潰す自分勝手な上司たち: パワハラをするクズ上司からの洗脳を解き、自尊心を守る

上司ガチャで外れを引いた時の対処法

では実際に上司ガチャで外れを引いた場合、どうしたら良いのでしょうか。

上司自体の性格や言動を変えることは不可能です。

その為、自分の環境を変えるか我慢して耐える他ありません。ここでは具体的な方法をご紹介します。

関連記事:会社の人間関係にストレスを感じたときの対処法

人事や上司の上司へ相談する

外れ上司が明らかにおかしい・パワハラをしている場合、人事や上司のさらに上の上司へ相談するという対処法。

先にも書いたように、上司自体の性格を変えるのは難しいため、仮に人事等から注意されたとしてもあまり効果は期待できません。

ですので配置転換や原因となっている上司と直接関わらないで済むよう相談します。

但し、上司の上司は場合によっては敵になる可能性もあるので相談しても大丈夫か慎重に検討する必要があります。


仕事だと割り切る

仕事はお金を稼ぐためと割り切り、最小限の仕事しかしないという方法です。

評価が下がろうが気にせず、適当に仕事を終わらせて定時に帰りプライベートを充実させましょう。

上司が何を言ってきても適当にあしらい続けると、逆に向こうから異動させようとしてくる可能性もあります。

そうなったらラッキーくらいに考えておきましょう。


上司に気に入られるように努力する

上司も人間ですので人の好き嫌いがあります。

上司に気に入られるように徹底的に努力しましょう。

部署内に気に入られているような人間がいるのであれば、何故気に入られているのか観察し、真似してみると良いです。

これがうまくいけば、外れ上司が当たり上司になるのも期待できます。


労働基準監督署へ通報する

パワハラなどを受けている場合、最後の手段として労働基準監督署へ相談・通報するという対処法です。

人事や上司の上司へ相談しても埒が明かず、どうしても我慢できないときは労働基準監督署に頼りましょう。その際、証拠をきっちり集めておくことが大切です。

但し、これを行なうと社内に居辛くなったり出世にも影響するかもしれません。

最悪の場合退職しても良いという覚悟が必要になってきます。


最後に

今回は上司ガチャで外れを引いた場合の対処法をご紹介しました。

外れ上司の下で仕事をするのは本当に辛いです。

配置転換等で逃げられるのであれば一番ですが、どうしても解決できない場合は転職も視野に入れたほうが良いと考えられます。


スポンサーリンク


この記事を書いた人

社畜シンド

大学卒業後、大企業から中小零細企業まで様々な規模のブラック企業にて合計約10年勤務。 過去の経験を活かし、ブラック企業やパワハラに悩んでいる方に向けて当ブログ及びツイッターで情報発信を行う。 ツイッターのフォロワー数1万人以上。 Amazon kindleにて電子書籍「部下を潰す自分勝手な上司たち」「社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口」を出版。


無料転職サポート
ブラック企業を徹底排除!厳しい基準で企業を審査する為、入社後の定着率は97%以上!
未経験、第二新卒、既卒、フリーター、無職の方向けの転職サポート

↓ここから無料登録できます

公式サイト:ブラック企業を徹底排除!|無料転職相談・サポートのウズカレIT【UZUZ IT】