言い訳するなという上司はパワハラだ!

言い訳するなという上司はパワハラだ!

仕事でミスをしたり、思っていたような成果が出ない部下に対し「言い訳するな」と言い一方的に説教をする上司が存在します。

しかし、このやり方で部下を叱る行為はパワハラであり、絶対にやってはいけません。

このセリフを使う上司は指導力が全く無いため、所謂上司ガチャの外れだといえます。

今回は、仕事上でのミスに対し、「言い訳するな」という上司はただのパワハラ人間である理由について解説します。

「言い訳するな」という上司はパワハラな理由

部下の失敗などに対し、言い訳するな!と叱る上司は間違いなくパワハラ人間です。

また、この言葉を使って叱る行為は全く無意味であり、部下の成長やスキルアップ、部署の売上げ向上には繋がりません。

ここではその理由を解説します。

関連記事:資料を何度も作り直させるパワハラ上司への対策

精神的苦痛を受ける

この言葉を使って上司から叱られると、精神的な苦痛を受けることになります。

つまりパワハラの定義に当てはまると言えます。そもそも、言い訳するな!と言うことは部下の事情を聞かず、一方的に攻撃することになります。

反論や反撃を許さず、「いくら理不尽な事を言われても大人しく言う事を聞け」と言われているのと同じです。

これは非常に卑怯な行為であり、絶対に許してはいけません。


ミスの改善に繋がらない

仕事でミスをしたり、成果が出ないことには理由があります。

その理由を把握し、改善策を練ることが売上げ向上には重要になってきます。

しかし、言い訳するなと説教するとそのミスの理由が分からなくなってしまいます。

これではいつまで経っても改善されません。つまり、この言葉を使う上司は部下のミスを減らしたり売上げを向上させる気なんてありません。

単に自分のストレスを解消するために部下を利用しており、パワハラ人間だと言えます。


モチベーションが下がる

この言葉を使われて意見を封じられると、間違いなくモチベーションが下がります。

ミスをしたことに特別な理由があったり、自分のせいじゃない場合でも一方的に叱られるのですから当然です。

また、モチベーションが下がるとさらにミスが増えたり成果が少なくなったりするなど悪循環に陥ることになるでしょう。

つまり、このセリフで説教をする人間は部下のためや会社のために必要な人間ではありません。

むしろいない方がまだマシです。


人によって対応を変えている

この手の言葉を使う上司は、仕事で失敗をした人間によって対応を変えている可能性が高いです。

ある部下には「言い訳するな!」と怒鳴り一切の反論を許さないのに対し、自分が気に入っている部下には全く怒らなかったり、優しく「どうしてこうなったの?」といった風に聞いたりします。

これではただのパワハラです。言い訳するなと言われる部下はたまったものではありません。


言い訳するな!という上司への対処法

この言葉をしつこく使う上司の下にいると、精神的に辛く病気になってしまうかもしれません。

そうなる前に何とか対処する必要があります。基本的には人事等のパワハラ相談窓口に相談し、上司へ指導してもらうしかありません。

ただ、こんな理不尽な事をする上司が指導された程度で言動を改める可能性は低いです。

その為、最悪の場合は転職することも視野に入れたほうがいいです。


最後に

今回は言い訳するな!と部下を叱る上司はパワハラな理由について解説しました。

このタイプの上司は相当タチが悪いです。

一刻も早く対処する必要がありますが、人事等の相談窓口が優秀でない限り、いつまで経っても状況は変わりません。

あまり我慢せず、早めの転職や部署異動を検討する事をお勧めします。