新卒ですぐ辞めても全く気にしなくていい理由

新卒ですぐ辞めても全く気にしなくていい理由

新卒で入社したものの、すぐに辞めてしまいたくなる方は毎年大勢居ます。

一般的には「3年は続けろ」なんてよく言われますが、まともな会社ならともかくブラック企業に3年も勤めてしまうと逆にデメリットの方が大きくなります。

また、折角新卒キップを使って入った会社をすぐに辞めてしまうのは勿体無いと考えるかもしれませんが、我慢して続けるほうが将来的に見たらマイナスになるケースは多いです。

「本当に辞めても大丈夫か…」「自分は根性が足りないのでは」「同期は頑張っているのに」なんて悩んでしまいがちですが、気にする必要はありません。

今回は、新卒で入社した会社をすぐに辞めてしまっても全く気にしなくていい理由について解説します。


理由1.自分のせいじゃない

そもそもすぐに辞めてしまいたくなるのは、自分のせいではありません

就職活動で何社も選考を受け、やっと手に入れた内定です。その企業に新卒キップを使うのも勇気がいるでしょう。

そこまで慎重に入社するかどうか考えた会社です。できれば長く勤めたいと思うのが普通であり、すぐ辞めたいと考えてしまうのはそれなりの理由があるに違いありません。

パワハラが酷かったり、待遇が事前に聞いていた内容と違ったり、残業が多かったりなど、ほとんどのケースでは企業側に問題があります。

つまり、早期退職したいと考えてしまうのは企業側のせいであり、あなたのせいではないので気にする必要はありません。


理由2.運要素が強い

新卒採用だけではありませんが、企業に入社して働くことは運要素が非常に強いです。

企業の雰囲気等は実際に入社してみないと分かりませんし、配属や上司、先輩なども自分で決めることは不可能です。

自分の希望する部署に配属され、上司や先輩との人間関係が恵まれている環境であればすぐに辞めようとは思いません。

逆に不本意な部署へ配属され、上司や先輩がパワハラをするような環境であれば、すぐに辞めてしまいたいと考えるのは当然です。

この様に、運に左右される部分が大きいため、あなたが悪いのではなく運が悪かっただけです。これが自分を責めたり気にしたりしなくてもいい理由の一つです。


理由3.異業種へはむしろ転職しやすい

すぐに辞めてしまうと転職が不利になると考えていると思いますが、それは一概には言えません。むしろ、異業種・異職種の仕事に転職する場合は有利になることもあります。

中途採用は基本的に実務経験が重視されます。未経験の場合は、意欲があり年齢が若い方が有利になります。

新卒で入った会社と違う業種・職種への転職を考えているのなら、下手に3年も勤めて年齢が高くなるよりは、早期退職して少しでも若い内に動くのはありです。

それに、若いうちであればアルバイトや契約社員などの採用されやすい非正規雇用から初めて、正社員を目指すという選択肢も取れます。

これは年齢が高くなればなるほど難しくなるので、すぐに辞めたのはむしろ「早めに方向転換できた」とも言えます。

ですので早期退職を気にする必要はありません。


関連記事:新卒が早期退職するならタイミングはいつ?どう切り出したらいい?

理由4.意外と同じような人間が多い

新卒で入った会社にずっと勤めていくのが当然だと思われがちですが、意外とそうではありません。

筆者はある企業で人事担当をしていましたが、新卒入社から数ヶ月で退職している方を大勢みました。中には数日で退職している方も存在します。ですので、「すぐに辞めた自分はダメな人間だ」と考えなくていいです。

世の中意外と同じような人間はいっぱいいます。


理由5.病気になるよりマシ

ブラック企業や労働環境の悪い会社に勤めていると、精神的にも肉体的にも病んできます。

もしそうなると、体調が戻るまでに下手をすると数年から10年以上もかかる可能性があります。それでは生涯年収が大きく下がるでしょう。

そうなる前に退職したのであれば、むしろ得をしているとも考えられます。これもすぐ辞めても気にしなくていい理由の一つです。


最後に

今回は新卒ですぐに辞めてしまっても全く気にしなくていい理由を5つご紹介しました。

周囲から責められ落ち込んでしまったり、転職できるか不安になることもあると思いますが気にする必要はありません。

逆に得をしている可能性も十分にあり得ますので、前向きに考えることが大切です。