正当に評価されない会社から転職するべきである理由

正当に評価されない会社から転職するべきである理由

「会社や上司から不当に低い評価をされている」「成果を出しているのに全く評価されない」といった悩みを持っている方は大勢います。

仕事に真面目に取り組み、成果を出して会社に貢献しているのにもかかわらず、正当に評価されないのは辛いものですし非常に腹が立つことです。

はっきり言いますが、そんな会社で我慢して働き続けても良い事はありませんしその状況が長く続くほど様々なデメリットが発生します。

今回は、正当に評価されない会社なんて転職してしまった方が良い理由を解説します。


評価されない会社から転職するべき理由

正当に評価されないような状況であれば、タイミングを見て違う会社へ転職した方がいいです。

その理由としては「我慢しても状況が好転することはない事」「昇給や賞与など金銭的に損をしている事」等が挙げられます。

それでは具体的な理由を見ていきましょう。


関連記事:なぜ上司から納得できない評価をされるのか?原因は上司にあり



無料自己分析サービス
リクナビネクストで無料自己分析

あなたの隠れた才能や個性を簡単な質問に答えるだけで徹底分析!



診断結果を今後のキャリア形成に活かせる自己分析ツール「グッドポイント診断


我慢しても評価されるようにはならない

成果が正しく評価されない原因は会社や上司にあります。

成果よりも労働時間の長さや休日出勤の回数などを重視する古い体質の会社であったり、人の好き嫌いなど個人的な感情を評価に持ち出す上司だったりすることが多いです。

そんな会社の体質や上司の気質が変わる事なんてほとんどありませんし、我慢し続けても状況が好転する可能性は低いです。

これが、正当な評価をしない会社からは転職するべき理由の一つです。


昇給、賞与で損をしている

正当な評価をされないということは、昇給や賞与で損をしていることが考えられます。

自分の成果を正しく評価された場合と比べ、金額が少なくなっているかもしれませんし、時には全く昇給しなかったり賞与がほとんど支給されないことあるでしょう。

そんな会社に長く勤めれば勤めるほど、本来得られてたはずの報酬と実際の報酬の差が開いていきます。

この様に、金銭的に損をすることも転職するべきである理由です。




合わせて読みたい

役職が付かずキャリアアップできない

正当に評価されないということは、金銭的に損をするのと同時に昇格の面でも損をします。

自分の方が遥かに会社に貢献しているにも関わらず、上司と仲が良いだけの同僚が先に昇格するなんてケースがよくあります。

いつまで経っても上の役職に付く事ができないことも十分に考えられます。

そうなると、まともにキャリアアップすることが出来ません。

そんな会社でいつまでも働いたところでメリットはありませんし、逆に自分のキャリアが腐っていきます。


評価されず転職する人は意外と多い

会社から評価されないという理由で会社を退職・転職する人は非常に多いです。

退職理由や転職理由のランキングにおいて、毎回上位に入るほど多くの人が正当な評価を得られないことに我慢できず会社を去っています。

つまり、正しく評価されない事が原因で会社を辞めるのは何もおかしなことではないと言えます。


最後に

今回は正当に評価されない会社からは転職するべきである理由を解説しました。

はっきり言って、そのまま我慢したところで正当に評価されるようになる可能性は低いです。

ほとんどの場合、会社や上司の体質が原因で不当に低い評価をされています。

そんな会社や上司の体質が変わることは考えにくく、それなら転職した方が早いと言えます。

また、まともに評価されない環境に長くいればいるほど金銭的に損をしますし自分のキャリアにも影響が出ます。

どうしてもその会社にこだわる理由があるなら別ですが、そうでないなら早めに転職活動を始める事をお勧めします。

無料転職カウンセリング
ブラック企業を徹底排除!厳しい基準で企業を審査する為、入社後の定着率は93%以上!
未経験、第二新卒、既卒、フリーター、無職の方向けの転職サポート

↓ここから無料相談できます

公式サイト: ブラック企業を徹底排除!|無料転職相談・カウンセリングのウズキャリIT【UZUZ IT】