「今辞められたら困る」と言われても無視した方がいい理由

「今辞められたら困る」と言われても無視した方がいい理由

様々な理由で仕事を辞めることは人生で何度かあるでしょう。

いざ退職の意思を固め、上司や人事にそれを伝えたところ、「今辞められたら困る」なんて言われたことがある人は結構多いと思います。

しかし、こんな事を言われても従う必要はありません。

確かに、辞めたくなったからといって即日退職することは不可能ですが、だからといっていつまでも会社の都合に付き合う必要は無く、法律上は2週間、現実的には1ヶ月もすれば退職することが出来ます。

今回は、「今仕事を辞められたら困る」と言われても無視した方がいい理由について解説します。


「今退職されたら困る」を無視した方がいい理由

先にも書きましたが、基本的に退職届を出してから2週間~1ヶ月程度で会社を辞めることができます。

しかし、会社側からすると辞められたら色々面倒なため、様々な理由をつけて退職されないようにします。

その際、今仕事を辞められたら困るという理由で引き止めることがあります。

ここではそれを無視した方がいい理由を解説します。


人材確保は会社の仕事

人材を確保するのは企業側の責任・仕事です。確かに、即日辞めるなんてことになればそれは労働者側に非がありますが、そうではなく労働基準法や就業規則の定め通りに辞めるのであれば全く問題はありません。

その期間に人材を確保するのは企業側がやるべきことであり、「今退職されたら困る」なんて言葉は社員にそのツケを払わせているようなものです。

また、普段から余裕を持った人材の配置を行っていたらいざという時に慌てることはありません。

人件費を最低限まで抑えようとすることに対するリスクを無視した結果だと言えます。

関連記事:バイトを休む時に代わりを探す必要は一切無し!無視してOK

いつまでも辞められない

企業側の言い分を聞き続けると、いつまで経っても退職することはできません。

そもそも退職を引きとめようとしている可能性もあり、人材を補充するような動きすらしていないことも考えられます。

仮に譲歩するなら、「いつになったら問答無用で辞める」と言ったように期限を設けるべきです。完全に言いなりになってしまうのは非常に危険です。


転職先に迷惑がかかる

もし転職先が決まっているのであれば、そちらに迷惑がかかる可能性があります。

内定時点で入社予定日を決めていることが多く、それを変更すると様々なことが起こります。

入社日から逆算して各種手続き・備品購入・研修・配属などのスケジュールを立てます。当然、それらには色々な人が関わるので、それらの担当者の予定も変わってしまいます。

この様に、「今辞められたら困る」と言われて、転職先への入社日を変えてしまうと非常に迷惑がかかります。当然、あなたの印象が悪くなります。

辞めることが決まっている会社と今後働くことになる会社、どちらを優先するべきかは言うまでもありません。


義理立てする必要はない

引越しやキャリアアップなど労働者側の理由で退職するなら別ですが、企業側のせいで退職する場合、義理立てする必要はありません。

パワハラや長時間の残業、人間関係、給与面などが原因で退職するケースが非常に多いです。

そもそも社員を大切にしていなかったり、低賃金で労働させられていたのならそんな会社の為を思って会社の言い分を聞くことはありません。


最後に

今回は、「今辞められたら困る」と上司や人事に言われても無視した方がいい理由について解説しました。

これに関しては完全に会社側の都合であり、労働者には関係の無い問題です。

仮に言われたとおり退職日を先延ばしにしても何もいいことはありません。

それどころか転職先に迷惑がかかってしまったり、いつまで経っても辞められなかったりとデメリットばかりです。

何を言われても無視して労働基準法や就業規則に従って退職しましょう。