アルバイトなのに「プロ意識を持て」と説教されたら辞めた方がいい理由

アルバイトなのに「プロ意識を持て」と説教されたら辞めた方がいい理由

アルバイトとして働いていて、社員や店長から「プロ意識を持って仕事をしろ」なんてことを言われたことがある方もいるのではないでしょうか?

「お客から見たらバイトも社員も同じだ」とか何とか理由を付けますが、要は「安い時給で思いっきりこき使いたい」ということです。

はっきり言いますが、アルバイトとして雇われているのであればプロ意識何て必要ありませんし、しつこく強要されたら辞めてしまった方がいいです。

今回は、アルバイトなのに「プロ意識を持て」と説教されるような職場なら辞めた方がいい理由を解説します。


バイトで「プロ意識を持て」と強要されたら辞めるべき理由

バイトで雇用しておきながら「プロ意識を持て」などと強要するのは、雇う側に都合が良すぎます。

プロとして雇用したいのであればそれ相応の待遇を用意するべきですし、それが出来ないのであれば時給相応の働きしか求めるべきではありません。

また、そんな職場で働くメリットは何もないと言えます。

ここでは、バイトなのにプロ意識云々と言われたら辞めるべき理由を具体的に解説します。


関連記事:バイト面接で志望動機を聞かれたら辞退した方がいい

時給は安いのに求めるものが多すぎる

最低賃金すれすれの時給しか払わない癖に、「プロ意識を持て」などと要求するのは明らかに都合が良すぎます。

「お金は最低限しか払わないけど最高の仕事をしろ」というのは労働力の搾取に他なりません。

また、そんな事を要求するような職場は時給に関して文句を言うと「ここでの仕事は良い経験になる」「喜びややりがいがあるから」といったようにはぐらかすことが考えられます。

この様に、安い時給でこき使われて全く割に合わないのが、そんな職場なら辞めた方がいい理由の一つです。


従うと要求が増える

時給以上の働きや意識を持つことを押し付けられそれに従っていると、徐々に要求は増えていきます。

仕事の品質向上は勿論、勤務時間や日数を増やされることもあるでしょう。

また、更に悪いケースだと、バイトなのにサービス残業やサービス出勤を求められる可能性もあります。

それによって学業や家事などプライベートに悪影響をもたらすかもしれません。

たかが時給数百円~千円前後のアルバイトのせいで、本業や家庭に悪い影響が出るのは余りにも損だと言えます。

これも、そんなバイトは辞めた方がいい理由です。


頑張っても待遇は良くならない

例え言われた通りにプロ意識を持って頑張って仕事をしたとしても、待遇が良くなることはありません。

せいぜい時給が数十円上がる程度でしょう。

また、仮に時給が上がったとすると、更に求められるものが増えていくこともあり得ます。

いくら頑張っても割に合うだけの待遇になることはありません。



必要が無くなったらクビになる

結局、いくらプロ意識を持って仕事をしたところで、アルバイトとして雇用されていることに変わりありません。

正社員と違い雇用は不安定であり、いつ仕事が無くなるか分かりません。

「プロ意識を持て」という、雇用する側しか得をしない要求をしてバイトをこき使う職場です、不景気や経営不振などがあれば簡単にクビにされるでしょう。

この様に、いくら尽くしたところで使い捨てにされることが予想されます。


最後に

今回は、アルバイトなのに「プロ意識を持て」と説教されたら辞めてしまった方がいい理由を解説しました。

結局のところ、安い時給でこき使いたいが為にそんなことを押し付けているだけです。

それに大人しく従っていると徐々に要求が増えていくことが考えられますし、いくら頑張ったところでろくに待遇は良くなりません。

そんな職場で働いても良い事は何もないので早めに違うバイトを探すことをお勧めします。