不採用になっても気にする必要なし、運が悪かっただけ

不採用になっても気にする必要なし、運が悪かっただけ

就職活動や転職活動で、選考を受け不採用になった経験がある方は多いでしょう。

その時、「自分のスキルが低かったんだ…」「他の人の方が優れている」なんて自分を責めてしまいがちですが、これは間違いです。

採用されるかどうかは、かなり運の要素が強いですしスキルや人柄が良い人間が必ずしも採用される訳ではありません。

また、その時の企業の状況によってどんな人間を採用するかも異なるため、タイミングが悪かっただけということもあります。

今回は、求人に応募して不採用になっても全く気にする必要が無く、運が悪かっただけということについて解説します。


不採用は運が悪かっただけな理由

先にも書きましたが、採用されるかどうかはスキルの問題よりも、運の要素が非常に強いです。

ですので、たとえ採用されなかったからといって落ち込む必要は全くありません。

ここではその理由を解説します。


たまたま求める人材では無かった

企業が人を採用するとき、どんな人を採用するかどうかは企業のその時の状況によります。

ある部署の中心人物が急に退職することになり、その代わりの人間を採用しようというのであれば経験者を採用しますし、逆に将来を見据えて若手を採用するなら経験よりも年齢を重視します。

この様に、その時々によって求めている人材が異なる為、単にスキルや経験、人柄の問題で不採用になった訳ではなく、ミスマッチであった可能性があります。

これは完全に運が悪かっただけだと言えるので、落ち込んだり気にする必要はありません。


待遇面が合わない

単純に待遇面がどうしても折り合りがつかないことが予想されるため、不採用になった可能性もあります。

スキルや経験が豊富すぎると、その企業が提示できる給料などの待遇が全然見合わず、仮に内定を出しても他社を優先するのでは?と人事担当は考えます。

そうであれば、下手に調整や交渉をする時間が無駄になるので、最初から不採用とします。

また、そういった場合は無理に入社してもらっても不満が出たりやる気が無くなったりしてすぐに退職するケースが多いです。

こういった待遇面が合わないのも、不採用になる理由の一つです。

これは落ち込むどころか自分のスキルの高さを誇るべきです。


タイミングが悪かっただけ

応募したタイミングが悪かったため、不採用になってしまったケースもかなり多いです。

例えば、求人掲載期限のギリギリに応募した場合、既に採用枠が埋まってしまっていることもあり得ます。

また、企業側の事情により急遽募集を取りやめることになり、掲載の中止が間に合わなかったというケースもあります。

これらは完全に運の問題です。形式上、不採用の通知が来ることもありますが、全然気にする必要はありません。


ただのミスマッチ

中途採用の場合、退職理由は必ず聞かれます。

その退職理由と企業の状況が原因で不採用になるケースもあります。

例えば残業時間が長いことが原因で前職を退職した場合、応募した企業の平均残業時間が前職よりも長かったらまた退職してしまうと考えられます。

これはスキルや人柄云々の問題ではありません。たまたま双方の求めるものや状況が合致しなかっただけだと言えます。

これはただのミスマッチなので、不採用になったのは自分が原因ではなく運が悪かっただけです。


最後に

今回は、就職活動や転職活動で不採用になっても気にする必要は無い理由を解説しました。

企業が行う人材の採用活動は、その時々によって方針が大きく異なります。

そのため、たまたま求める人材ではなかったケースはかなり多いです。

また、単にタイミングの問題であったりミスマッチであったりと、本人のスキルの問題ではなく運が悪かったことが不採用の理由であることも十分に考えられます。

これで落ち込む必要はありません。