転職回数が多くても気にしなくていい理由解説

転職回数が多くても気にしなくていい理由解説

「上司からパワハラを受けた」「残業時間が多すぎて体調を崩した」「仕事内容が合わなくて辛かった」等、様々な理由で会社を辞めることがあります。

それが1、2社程度であればいいですが、何度も繰り返し転職回数が多くなると「自分は社会不適合者だ…」「もう転職できないのではないか」と悩んでしまうかもしれません。

しかし、これは全く気にする必要はありません。

今回は、転職回数が多くなっても全然気にしなくていい理由について解説します。


転職回数を気にしなくていい理由

何度も転職していると、職務経歴書が長くなりますし徐々に不安になってくるかもしれません。

しかし、それに関して気にする必要はありませんし、「仕方なかった」と割り切ることも大切です。

また、確かに大手企業や高給な会社には採用されるのが難しくはなりますが、普通に生活する分には問題ありません。

ここでは転職回数を気にしなくていい理由を詳しく解説します。


たまたま運が悪かっただけ

就職や転職は運の要素が非常に強いです。どんな上司や同僚がいるか、どこに配属されるか、職場の雰囲気など実際に入社してみないと分かりません。

それが自分に合わなかったり上司からパワハラを受けたりしても、それは自分のせいではなく運が悪かっただけだと言えます。

場合によってはそれが数社も連続で続くことも有り得ます。

1社で長く続く人は運が良かっただけ、転職を繰り返しているのはたまたま運が悪かっただけだと割り切ることが大切です。


関連記事:ブラック企業の見分け方・求人票や面接における注意点

転職回数分採用されている

転職を繰り返しているということは、それだけ採用されているということです。

これは前向きに考えると、「人事を納得させる力」「自分を売り込むスキル」が付いたとも考えられます。

特に回数が増える分、採用される難易度が上がっているのにも関わらず内定を貰えるということは、かなり大きなスキルが付いたと解釈できます。

このスキルは非常に重要であり、自信を持つべきです。

これも転職回数が多くても気にしなくていい理由の一つです。


視野が広がった

多くの会社を経験したことで、それだけ視野が広がったとも言えます。

一つの職場にずっと勤め続けると、価値観が固定されてしまい、柔軟な考えが出来なくなったり新しい環境に馴染むのが難しくなります。

何度も転職したことで色々な環境や価値観を経験し、視野が広がったのは人生においてプラスになります。


意外とみんなそんなもの

実は、転職回数が多いという人はかなり存在します。

「自分は他人と比べてダメだ」「忍耐力が無いのではないか?」と考えてしまうかもしれませんが、意外とみんなそんなものです。

筆者が人事担当をしていた時、年齢の割りに転職回数が多いという人はざらにいました。

また、今の時代定年まで同じ会社で勤め上げるなんてケースは稀であり、転職するのが普通になっています。

仮に回数が多少多くても、それが普通の時代になります。これも理由の一つです。


普通に生きていける

転職を繰り返していたとしても、日本にいる以上普通に生活することは可能です。

確かに一発逆転で年収何千万なんてポジションに付くのは難しいですが、独身であれば非正規でも生活できますし、結婚していたら共働きできれば問題ありません。

このように、転職回数が多くなったとしても日本にいる以上普通に生活することができるのも理由の一つです。


最後に

今回は、転職回数が多くても特に気にする必要はない理由について解説しました。

正直、今の時代転職するのが当たり前ですし、何度も仕事を変えているというのはそれだけ採用されたということです。

これはむしろ自信を持つべきことです。

また、正社員にならなくても日本で生活するなら普通に生きていけます。

特に悩まず気楽に考えることが大切です。