休日も仕事の事が頭から離れず憂鬱になる職場なんて辞めた方がいい理由

休日も仕事の事が頭から離れず憂鬱になる職場なんて辞めた方がいい理由

「せっかくの休みなのに仕事のことが頭から離れない」「会社の事を思い出して憂鬱で楽しめない」こういった悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?

筆者も経験がありますが、これはかなり辛い状況です。

たまたま嫌な仕事ややりたくない仕事が週明けにあって、それが終われば憂鬱な気分が晴れるならいいですが、そうではない場合は問題です。

例えば、上司からパワハラされていたり同僚との人間関係が悪いなどがそれに当たります。

断言しますが、それが解決する見込みが無いのであれば、そんな職場は辞めた方がいいです。

今回は、休日も仕事の事が頭から離れず憂鬱になる職場・会社なんてさっさと辞めた方がいい理由を解説します。


休暇中も仕事の悩みで憂鬱になるなら辞めるべき理由

本来、休日は仕事から完全に離れ、体も精神もゆっくり休むことが出来る日です。

しかし、その休日に会社の事が頭から離れず、常に考えてしまい憂鬱になるならさっさと辞めるべきです。

理由としては、「単純に損をしている事」や「あまりにもストレスが強すぎる事」などが挙げられます。

それでは具体的に理由を見ていきましょう。


関連記事:休日の呼び出しが頻繁にある職場は辞めた方がいい理由

単純に損をしている

まず、休暇中に仕事のことで悩んでしまうのは単純に損をしていると言えます。

業務中に仕事のことを考えるなら、それは給料が発生しているので問題ありません。

しかし、休日に仕事の事を考えたり悩んだりしても一円も発生しません。

つまり、無給で失質的に会社に拘束されているような状態です。

これははっきり言って損です。

せっかくの休日を無駄にしているということが、辞めてしまった方がいい理由の一つです。


会社から強すぎるストレスを与えられている

業務中ならまだしも、休日なのに仕事の事を思い出して嫌な気持ちになったり、頭から離れないなんて状況は普通ではありません。

確かに性格によるところもあります。

ですが、ずっと嫌な気持ちが続くのは、職場や仕事内容によって強すぎるストレスが与えられている可能性があります。

それが一時的な物なら別ですが、いつまでも解消する見込みが無いならさっさと辞める準備をした方がいいです。


耐え続けるのは不可能

休日も仕事の事を忘れられず憂鬱になるなんて辛すぎる状況で、永遠に耐え続けるのは不可能です。

「趣味に打ち込む」「おいしいものを食べに行く」「映画を見る」なんて対処法は、あまり意味がありません。

確かに一時的に気持ちがマシになるかもしれませんが、それは臭いものに蓋をしているだけであって、根本的な解決になっていません。

そして、原因が解決しないなら、いつかそんな対処法を実践しても効かなくなってきます。

この様に、永遠にその状況を耐え続けるのは不可能なことも、そんな職場なんて辞めた方がいい理由です。


最後に

今回は、休日にも関わらず仕事のことが頭から離れず憂鬱になる会社はさっさと辞めるべき理由を解説しました。

原因が一過性のものであって、終わりが見えていたり解決可能なものなら別ですが、そうでないなら耐えても時間の無駄です。

また、給料の発生しない休暇中に仕事のことで悩むのは、単純に損をしているとも言えます。

そもそも、そんな状態になっているのは、あまりにも強すぎるストレスを与えられているからです。

会社の労働環境や人間関係が悪かったり、仕事自体が自分に合っていなかったりと様々ですが、早めに転職して環境を変えることをお勧めします。