退職の際「責任感がない」と言われても気にする必要が全く無い理由

退職の際「責任感がない」と言われても気にする必要が全く無い理由

会社を退職する際、あの手この手で引き止められることはよくあります。

給料を上げたり仕事内容を変更するといった、本人の不満を解消するようなものから「他所じゃ通用しない」「転職なんて簡単じゃないぞ」のように不安を煽る方法まで引き止め方は様々です。

その中の一つに「責任感」に訴えかけるやり方があります。

「仕事を投げ出すなんて責任感が無い」と辞める人間を非難します。

はっきり言いますが、こんな事を言われても全く気にする必要はありません。

逆に、会社や上司に責任感が無いとさえ言えます。

今回は、退職の際に「責任感がない」と責められても全く気にする必要が無い理由を解説します。


「責任感がない」と責められても気にしなくていい理由

こんな言葉を投げかけるのは、単に退職を撤回させようと考えているか引き止められなかったことに対する腹いせに過ぎません。

そもそも、辞める本人は責任のある立場にたっていない場合も多いですし、むしろ責任を感じなければならないのは会社や管理職である上司です。

ここでは責任感が無いと言われても気にしなくていい理由を詳しく解説します。


そもそも責任のある立場じゃない

そもそも、退職する本人は責任のある立場ではないケースがほとんどです。

派遣やアルバイト、契約社員などの非正規雇用なら勿論、正社員として雇われていたとしても、何も役職が付いていない平社員なら責任なんて大してありません。

最初から責任なんてないんですから「お前は責任感が無い」なんて言われても気にする必要は全くありませんし、言われる筋合いすら無いと言えます。


関連記事:派遣や契約社員は仕事に責任なんて感じる必要は無い

部下が退職する責任は上司にある

部下の管理監督を行うのは上司の仕事です。当然、部下が退職するなんてことになれば責任を問われるのは上司ですし、部下を責めること自体間違っています。

むしろ、辞めないように普段から気にかけて行動してこなかった上司の方が、責任感を持っていなかったと言えます。

これも気にしなくていい理由の一つです。


ただの幼稚な嫌がらせ

先にも書きましたが、こんな事を言うのはただ引き止めたいだけか、引き止められなかったことに対しての腹いせです。

「お前には責任感が無い」と言っているのが上司なのか人事担当なのかは分かりませんが、どちらにせよ退職によって会社から低評価を受ける人間です。

それが許せず、辞める人間にイライラをぶつけているに過ぎません。


責任に見合う待遇じゃない

退職時に関わらず、会社では事あるごとに「責任」という言葉を強調して従業員を苦しめます。

そして多くの場合、その「責任」に見合った待遇ではありません。確かに高給で雇われている幹部なら責任は重いです。

しかし、それは極一部の限られた人間だけですし、普通の従業員には関係のない話です。

元々大した待遇じゃないのに責任だけ感じろなんてのが間違っているんです。

これも理由の一つです。


最後に

今回は、退職する際に「責任感がない」なんて言葉で責められても全く気にする必要が無い理由を解説しました。

こんな事を言うのは、退職者が出ることによって不利益を被る人間だけです。

そして、その腹いせに適当な事を言っているに過ぎません。

また、そもそも責任のある立場でも待遇でも無い、つまりは最初から責任なんてろくに無いんです。

むしろ、部下の退職に責任を取るべきなのは上司ですし、辞めないようにケアをする努力をしてこなかった上司に責任感が無かったと言えます。