休日の呼び出しが頻繁にある職場は辞めた方がいい理由

休日の呼び出しが頻繁にある職場は辞めた方がいい理由

トラブルなどにより、夜間や休日に会社から呼び出されるなんて仕事は結構あります。

それが本当に極稀でたまにあるくらいならまだいいですが、そうではなく慢性的に発生するのであれば大問題です。

「仕事なんだから仕方ない」「頼りにされている証拠だ」などと言われるかもしれませんが、それは会社や上司が丸め込もうとしています。

しっかり休めないような仕事は肉体的にも精神的にも辛くなるだけです。

今回は、休日に頻繁に呼び出しがある職場は辞めてしまった方がいい理由を解説します。


休日の呼び出しが頻繁な会社は退職するべき理由

繁忙期に例外的に休日出勤があるくらいならまだいいですが、日常的に呼び出されるのであれば溜まったものではありません。

そんな状況だと、休日も会社に縛られ行動が制限されますし、何より精神的な負担が増えてしまいます。

代休があったり休日手当が支給されたとしても、休みの日が実質待機状態になるなら割に合いません。

ここではそんな職場からはすぐにでも退職するべきである理由を詳しく解説します。


関連記事:仕事の持ち帰りを強要するのは退職するべきブラック企業



無料自己分析サービス
リクナビネクストで無料自己分析

あなたの隠れた才能や個性を簡単な質問に答えるだけで徹底分析!



診断結果を今後のキャリア形成に活かせる自己分析ツール「グッドポイント診断


休日に好きな事が出来ない

常に呼び出しが発生する可能性があるなら、休日の行動がかなり制限されます。

いつでも会社にいけるようにしておくのであれば、遠出はできませんし体調も整えておく必要があります。

また、家族や友人との予定も立てにくくなります。

場合によってはドタキャンする羽目になるでしょう。

そうなると、プライベートの人間関係にも悪影響が出ます。

この様に、休日に好きな事ができない、行動が会社によって制限されてしまうのが理由の一つです。


常に緊張や不安を感じ休まらない

いつ呼び出されるか分からないような状況では、夜間や休日など本来ゆっくりできる時間にしっかり休むことが出来なくなってしまいます。

「いつ電話が鳴るか分からなくて怖い」「不安で趣味も楽しめなくなった」というように、常に緊張感や不安感を感じてしまうため、ゆっくり休むことが出来ません。

「社会人ならon/offの切り替えが大切だ」なんて言われたりしますが、常にonの状態を維持する羽目になります。

そんなことが長く続くと、徐々に精神的に病んでいきます。

これも、休日にいつ呼び出されるか分からないような職場からは退職するべきである理由です。




合わせて読みたい

その他の面もブラックの可能性がある

例外的に呼び出されるのではなく、慢性的に休日出勤が発生する職場はその他の面でもブラックである可能性があります。

そもそも社員の事を大切にしている会社であれば、頻繁に呼び出しが発生する状況を放置しません。

社員の負担が増す状況をそのままにしているのであれば、他の面でも社員を雑に扱っているかもしれません。

パワハラやモラハラが蔓延していたり、長時間労働が当たり前になっていたりと所謂ブラック企業の可能性があります。

そんな状態であれば我慢しても何も良い事はありません。


まともな職場はいくらでもある

休みの日に連絡が来るような職場は「どこでもそんなもんだ」「これくらい普通だよ」なんてことを言うかもしれません。

断言しますが、それは普通ではありませんし、呼び出しがない職場なんていくらでもあります。

むしろ休日に呼び出される職場の方が稀だと言えます。

もっとまともな環境の職場はいくらでもあるので早めに脱出した方がいいです。


最後に

今回は、休日の呼び出しが頻繁にあるような職場は早めに退職した方がいい理由を解説しました。

そんな状況だと休日も会社に縛られて好きな事が出来なくなってしまいますし、会社の為に生きているような状態になります。

それが続くと肉体的な疲労は勿論、精神的にも辛くなっていきます。

そんな劣悪な環境で耐えるよりも、もっとまともな職場に転職することをお勧めします。

無料転職カウンセリング
ブラック企業を徹底排除!厳しい基準で企業を審査する為、入社後の定着率は93%以上!
未経験、第二新卒、既卒、フリーター、無職の方向けの転職サポート

↓ここから無料相談できます

公式サイト: ブラック企業を徹底排除!|無料転職相談・カウンセリングのウズキャリIT【UZUZ IT】