仕事を仮病でサボる際、バレるので休んではいけないタイミング

仕事を仮病でサボる際、バレるので休んではいけないタイミング

会社員として働いていると、どうしても会社に行きたくない、休んでしまいたいと感じてしまう時があります。

実際、仕事を仮病でサボった経験のある人間は大勢いますしたまにならサボっても問題ありません。

しかし、会社にバレてしまうと今後の仕事に影響が出てしまいますので、仮病だと疑われないよう細心の注意を払うことが大切になります。

その際、ここで休んでしまうとほぼ間違いなくサボりだとバレるというタイミングがあります。

今回は、仕事を仮病でサボる際にバレるので休んではいけないタイミングについて解説します。


バレるので仮病を使ってはいけないタイミング

仮病で休む際、それが仮病だと会社や上司にバレてしまうと一気に信用が無くなったり評価が下がったりするので注意が必要です。

特に休むタイミングには気を付けなければなりません。

ここで休むといかにも怪しく見られてしまうという時があります。

仮にどうしても休みたいと思っていても、そこで休むのはリスクが高いため時期を変えることをお勧めします。

ここでは休むと仮病だとバレるので休んではいけないタイミングを具体的に解説します。


関連記事:【当日】急に会社をサボりたくなった・休みたい時の言い訳

休日の直前直後

土日休みなら休みの前日である金曜日と休みの直後である月曜日など、休みの前日と直後に仮病を使うと疑われてしまう可能性が高いです。

2連休とつなげて3連休にしようという目論見が見て取れます。

また、月曜日は休みの後で仕事に行きたくない・サボりたいと誰しもが考えるタイミングです。

そこで休んでしまうと明らかに仮病だとバレバレになってしまいます。

この様に、休みの直前と直後にサボるのはお勧めしません。


長期連休の後

夏季休暇や年末年始休暇の直後など、長期連休の直後も仮病を使うとバレてしまう可能性が高いです。

理由は普段の土日前後に休むのと同じで、誰しもが休みたいと感じるタイミングだからです。

また、バレなかったとしてもそこで体調不良で休むということは、連休中に羽目を外して遊んでいたからだと思われてしまい、どちらにしてもマイナス評価になるので休まない方が無難だと言えます。


休日と休日の間

ゴールデンウィーク中など、休日と休日が微妙に繋がっておらず間の1日だけ出勤だという時があります。

そこで仮病を使うと明らかにサボりだとバレバレになってしまうので休んではいけません。

どうしても休みたいなら有休を使って休みをつなげるといいでしょう。


仕事でトラブルがあった時

仕事でクレームが入ったり、大きなミスをして上司に激しく叱られた後など何かしらのトラブルがあった時に早退したり翌日に休むとサボりだとバレてしまう可能性があります。

精神的なダメージがあるので休みたいと感じるのは当然ですが、それは誰もが分かっている事なのでそこで休むと疑われてしまいます。

また、仮病だとバレなかったとしても、何かあったら休むくらい精神的に弱い人間だと思われてしまうリスクもあります。


最後に

今回は、仕事を仮病で休む際、それがサボりだとバレたり疑われやすいタイミングについて解説しました。

特に休みの前後や長期休暇の直後など、誰もが休んでしまいたいというタイミングで休むとバレるので休んではいけません。

仮に疑われなかったとしても、羽目を外して遊びすぎたり精神的に弱い人間だという印象を持たれ、評価が下がってしまいます。

どうしても休みたいと感じても、休日の直後に休むのではなく1日だけ頑張って出社し、その翌日に休むだけで疑われる可能性はかなり下がります。

退職する予定があるなら別ですが、長く勤めようと思っているなら出来るだけばれないよう気を付けて仮病を使ったりサボったりすることが重要です。