空白期間があっても転職は可能!ブランクを極端に恐れる必要は無い理由

空白期間があっても転職は可能!ブランクを極端に恐れる必要は無い理由

就職に失敗したり、会社を辞めたなどの理由によって何も仕事をしていない期間の事を「空白期間」と言います。

「空白期間が出来たら人生終わりだ」「ブランクがあるとどこにも採用されなくなるのでは…」といったように、空白期間を作ることを極端に恐れている方が多いですが、そこまで気にする必要はありません。

無職状態であっても生活が出来ているなら特に悪い事をしている訳でもないですし、意外と転職は何とかなります。

今回は、空白期間があっても転職は可能であり、ブランクを極端に恐れる必要が無い理由について解説します。


空白期間が出来るのを恐れる必要が無い理由

少しでも空白期間が出来ることを物凄く恐れる風潮がありますが、そこまで気にすることではありません。

また、ブランクがあるからといってどの企業にも採用されないなんて事も、社会復帰が出来なくなるなんて事もあり得ません。

意外と何とかなるものです。

ここでは、空白期間が出来るのを極端に恐れなくても大丈夫である理由を詳しく解説します。


関連記事:無職の不安や焦りへの対処法




スポンサーリンク


空白期間が全くない人なんてほとんどいない

まず、空白期間が全くないなんて人はほとんどいません。

筆者が面接担当をしていた時に大勢の応募者と会ってきましたが、経歴のどこかで空白期間があるなんて人は普通にいますし、むしろ全く空白期間が無く何十年も働き続けてきたという人の方が稀でした。

この様に、経歴の中のどこかしらのタイミングで空白期間がある人は大勢いることが、ブランクが出来るのを極端に恐れなくていい理由の一つです。


ブランクがあっても転職は全然可能

「空白期間があると社会復帰できなくなる」と悲観的に考えている人もいますが、そんなことはありません。

今の時代、企業側は人手不足で人材の確保に苦労しています。

そんな中、ブランクがある人間を全て採用候補から外すなんて事は、余程の人気企業でもない限り不可能です。

数か月~数年ブランクがあるという人は意外と大勢います。

悪い言い方になってしまいますが、企業側からすると空白期間のある人間でも選り好みせず採用せざるを得ない状況だと言えます。

また、少子化の影響もあり今後はその流れがより強くなると考えられます。

これも空白期間があっても転職は可能であり、恐れる必要が無い理由の一つです。




合わせて読みたい

今までよりもこれからどうするかが重要

空白期間が出来てしまったと後悔しても、過去を変える事なんて不可能です。

それよりも、今後どうするか考える方が遥かに大切です。

面接その期間についてでつっこまれるかもしれませんが、ブランクがあることを素直に認め、今後どう頑張っていくか前向きに話すことで好印象を持ってくれる採用担当は必ずいます。

先にも書きましたが、今は人手不足の時代です。

後悔ばかりするのではなく、前向きに考えている人間なら採用したいという企業は存在するので、将来の事をしっかり考え、面接でアピールすることが重要です。


最後に

今回は、空白期間があっても就職や転職は可能であり、ブランクを極端に恐れる必要が無いことについて解説しました。

「3ヵ月以上無職期間があるとキツい」などという人もいますが、そんな事はありません。

一昔前ならまだしも、人手不足の時代に企業はそこまで選り好みすることなんて出来ませんし、どこかしらに拾ってくれる会社は存在します。

間が空いてしまったことに関しては変えようがないので、それよりもこの先どう頑張っていくか前向きに考える事の方が遥かに大切です。


スポンサーリンク