指示や考えを先読みして動けと要求する上司は管理職失格

指示や考えを先読みして動けと要求する上司は管理職失格

「デキる社会人は仕事を先読みして動く」「仕事というのは上司の考えている事を先読みしてやるものだ」などと言う人がいます。

確かにそれが出来れば一番ですし、場合によってはうまくいくこともあります。

しかし、部下の立ち位置や持っている情報だけで完全に先読みする事なんて不可能であって、それが出来る前提で物事を考えたり計画を立てるのは間違っています。

今回は、部下に対し指示の先読みを要求する上司は管理職失格である理由について解説します。


先読みを要求する上司は管理職失格である理由

上司の考えている事を先読みして動くことを強要したり、指示の裏を読めなどといった事を言う上司は管理職として失格です。

理由としては、「明確な指示を出すのが上司の仕事である」「先読みをするにも限度がある」などが挙げられます。

それでは詳しく見ていきましょう。


関連記事:指示待ち人間は悪くない!問題は上司にある理由




スポンサーリンク


明確な指示をするのが上司の仕事

まず、部下に対し明確な指示を出すのが上司や管理職と呼ばれる人間の仕事です。

曖昧な指示しか出さず部下が言葉の裏を読むことをしなければならなかったり、そもそも指示を出すことをせず自分で考えて動けなどと言うようであれば、管理職としての仕事を放棄していると言えます。

会社から高い給料を貰っているのにもかかわらず、自分の職務を全うする意思がないなら、それは会社に不要な人間です。

これが、部下に対して先読みを要求する上司が管理職失格である理由の一つです。


先読みをするにも限度がある

上司と部下は持っている情報の量が全く違います。

上司からすると知っていて当たり前の事であっても、部下は全く知らないなんて事はよくあります。

つまり、物事を先読みして動くにしても、上司と部下ではその難易度が全然違います。

部下からすると、少ない情報で仕事を先読みして動けなどと言われてもはっきり言って困難ですし、多少は出来たとしても限度があります。

それが出来て当たり前だと考えるのは、視野が狭いと言えます。




合わせて読みたい

部下に甘えすぎている

「俺の考えている事を先読みして仕事を進めろ」などと言う上司は、そもそも部下に対して甘えすぎです。

多くの場合、上司が一言二言付け加えるだけで、先読みして動く必要なんて無くなります。

そんな簡単な事で解決できるにも関わらず、考えを先読みしろなどと言うのは非効率ですし、ミスを招いたり損害が発生するリスクを無駄に増やすだけです。

それを良しと考えるのであれば、そんなのはただの自己満足ですし合理的ではありません。

指示の先読みをしろ、裏を読めと部下に要求する前に、自分の考えを明確に言語化して伝える努力をするべきでしょう。

これも、部下に先読みを要求する上司が管理職失格である理由の一つです。


最後に

今回は、部下に対して指示や自分の考えを先読みするよう要求する上司は管理職失格である理由について解説しました。

そもそも、自分の考えている事や指示をしっかりと言語化して伝えるだけで、わざわざ先読みなんてする必要が無くなります。

それをしないのであれば、それは自分の仕事を放棄して怠けているだけだと言えますし、会社にとって不要な人間です。

また、先読みをしようにも限度がありますし、それを毎回完璧に行えるのは一部のスーパーマンだけです。

それが出来る前提で物事を考えるのは、あまりにもリスクが高く考えが甘すぎだと言えます。

そのような上司の下で働いても、理不尽な要求をされ続けるだけです。

早めに異動や転職で離れられるように動くことをお勧めします。


スポンサーリンク