内定辞退はメールや電話で十分!直接訪問は必要ない理由

内定辞退はメールや電話で十分!直接訪問は必要ない理由

就活や転職において、応募した企業から内定を得ることが出来ると一区切りになります。

第一志望の企業から採用されるのが一番ですが、そうではない企業から内定を貰っても、場合によっては辞退することになるでしょう。

そんな時、「内定を辞退する際は直接訪問して謝罪するのがマナー」なんて言われたりします。

しかし、これは例外もありますが、基本的に直接訪問して謝罪する必要は無く、メールや電話でその意思を伝えたら十分です。

逆に、わざわざ直接訪問するのはやりすぎだとも言えます。

今回は、就職活動や転職活動で内定を辞退する場合は電話やメールで十分であり、直接の訪問は必要が無い理由について解説します。


内定辞退に直接訪問は必要ない理由

内定を辞退することは勇気がいることです。

「怒られたらどうしよう」「内定先に迷惑がかかていないかな」と不安になるかもしれません。

また、「折角内定を出して貰ったのに辞退するのだから直接謝罪に行くのが当たり前」なんて考えの人も居ます。

しかし、これは不要です。

理由としては、「わざわざ来られても迷惑する」ことや「企業側が不採用を出すときはメールで連絡してくる」ことなどが挙げられます。

ここではその理由を詳しく解説します。


関連記事:ビジネスマナー講師の言う胡散臭い事を実践してはいけない理由!

人事としては訪問されても迷惑

人事担当、採用担当としては、内定を辞退して入社しない人間にわざわざ訪問されても迷惑だと言えます。

内定を辞退された分、他の人間を採用する為の選考を行わなければなりません。

選考には時間がかかるため、無駄な時間は省きたいと考えます。

入社をしない人間と会って謝罪を受けたり話をする為に時間を割くのは勿体無く、メールや電話で連絡を貰えればそれで十分です。


企業側が落とす時の連絡はメール

企業側が応募者を不採用にする場合、基本的にメールや郵送で通知を入れます。

それなのに、逆に応募者が内定辞退するときだけ直接訪問して謝罪しろと言うのはフェアじゃありません。

もしそれがまかり通るなら、企業側も不採用にする場合に直接謝罪に赴くべきです。

当然ですが、そんなことをすることは有り得ません。

つまり、内定辞退するとしても、わざわざ直接訪問する必要は無く、電話でもメールでも連絡さえ入れればそれで十分だと言えます。

これも理由の一つです。


直接謝罪に行く人間はいない

筆者が人事担当をしていた時に、内定を出しても辞退されることは日常茶飯事でした。

そんな時に、わざわざ直接訪問して謝罪に来た人間は一人もいませんし、「直接話したい」といった連絡を貰ったことすらありません。

ほとんどがメールか電話での連絡でした。

「辞退するなら直接訪問するのがマナー」なんてことを言っている人もいますが、それは極一部の人が言っているだけです。

実際にそれを実行する人間はほとんどいません。

これもメールや電話で十分である理由の一つです。


【例外】内定承諾後に辞退するなら直接謝罪するべき

基本的に内定辞退は電話やメールで連絡を入れればそれでOKだと解説しました。

しかし、これには例外もあります。

それは、「内定承諾後に辞退する場合」です。

内定を承諾する前であれば、辞退しても企業側に迷惑がかかることはありません。

しかし、承諾したあとなら話は別です。

企業側は内定者が入社する前提で、PCなどの機器を揃えたり研修の予定を立て、配属先との調整も行っています。

そこで急に辞退するのであれば、内定先に大なり小なり損害が発生すると考えられます。

そうであれば、流石にメールや電話で済ませるのでは無く、直接謝罪するのが道理です。

ただし、無理に直接行くのではなく、あくまで内定先の都合に合わせ、「来られても迷惑だ」と言われたら大人しく電話で謝罪しましょう。


最後に

今回は、内定を辞退するのはメールや電話で十分であり、直接訪問して謝罪する必要が無い理由について解説しました。

実際、内定辞退する人間に割く時間は人事にはありません。

直接来られても逆に迷惑になってしまう可能性が高いです。

お互い時間を節約できる為、メールや電話で済ませたほうが良いとすら言えます。

ただし、それはあくまで承諾前に辞退する場合に限ります。

一度内定を承諾した後に辞退するのであれば、内定先に何かしらの迷惑がかかっています。

そうであれば、直接謝罪に行くのも検討しましょう。