「俺は気にしないけど他の人が…」と説教するのはずるい人間である理由

「俺は気にしないけど他の人が…」と説教するのはずるい人間である理由

会社で上司や先輩社員から「俺は気にしないけど他の人はそうじゃないから…」「俺はいいけどさ、気にする人もいるから」といった説教をされたことがある方は多いのではないでしょうか?

ただ説教をするのではなく、他人を利用するような前置きをされるとどこか嫌な気持ちになると思います。

はっきり言いますが、このような前置きをしてから説教や注意をするのはずるい人間のやり方です。今回はその理由について解説します。


「俺は気にしないけど他の人が…」と言うのはずるい人間である理由

「俺は気にしなけど」などと言って説教をする人間は結構多いですが、ほとんどの場合、自分が気に入らないから言っているだけです。

その上、それを誤魔化す為に他人を利用しようとするので非常に質が悪いです。

また、本当は存在しない「他の人」を作り上げた上にそれが大勢いるように錯覚させ、同調圧力を効かせて思い通りにしようと考えている人間もいます。

ここでは、「俺は気にしないけど他人が…」と説教をするのがずるい人間である理由を具体的に解説します。


関連記事:「失敗を恐れるな」は無責任な人間の言葉!真に受けてはいけない




スポンサーリンク


そもそも自分が一番気にしている

まず、自分が一番気にしているだけなのがこの手の説教をするのがずるい人間である理由の一つです。

そもそも、自分が気にならなければ注意や説教をするという発想に至りません。

そのような事をしているのが本当は気にしている証拠です。

それを「自分はいいけど」などといって誤魔化しているに過ぎません。


恨まれたくないけど気に入らない

「俺は気にしないけど」という人間は、部下や後輩がやっている事が気に入らず、文句を付けたいと思っています。

しかし、直接注意をして自分が恨まれたり悪い印象を持たれるのが嫌でこのような前置きをします。

これは非常に汚いやり方です。

気に入らないなら直接それを伝えるか、そう出来ないなら我慢して黙っているべきです。

そうではなく、「他の人」を盾にして安全圏から好き放題攻撃するのは、まさにずるい人間だと言えます。




合わせて読みたい

同調圧力を効かせて責めようとしている

「俺は気にしないけど他の人が…」という説教の一番大きな問題は「他の人」という部分です。

「みんなが困っている」「世間一般的に」というように「他の人」がまるで大勢の人間であるかの様に主語を大きくして注意します。

そう言われた側からすると、「自分のせいで大勢の人間が困っている」「みんながそういっているなら従わなけば」と錯覚します。

実際はその説教をしている人だけが腹を立てているだけであって「他の人」が誰一人存在しない場合であっても、このように同調圧力を効かせて責めることが出来てしまいます。

これが、「俺は気にしないけど他の人が…」という説教はずるい人間のやり方である理由です。


最後に

今回は、「俺は気にしないけど他の人が…」と説教するのはずるい人間であることに関して解説しました。

多くの場合、気にしないと言いつつも一番気にしているのは自分自身です。

直接注意してそれが問題になったり、自分が恨まれたり責任を取る羽目になるのを嫌がって「他の人」という架空の存在を盾にしています。

「安全圏から文句だけ言いたい」という、まさにずるい人間の発想です。

その上、さらに酷い場合だと「同調圧力を効かせて自分の思い通りにしたい」などと考えていることもあります。

こんな事をする人間と関わっても全く良い事は無いので、出来るだけ距離を取るようにしましょう。


スポンサーリンク