メールでミスの指摘や叱責をする際、CCに大勢の社員を入れるのはパワハラ

メールでミスの指摘や叱責をする際、CCに大勢の社員を入れるのはパワハラ

メールを送る際、情報共有などの目的でCCを使うことがあると思います。

うまく使えば便利な機能ですが、これを悪用してパワハラを行うような人間も存在します。

具体的に言うと、仕事でのミスを指摘したり叱責するような内容のメールを、本人だけではなく無関係の同僚や役職者をCCに入れて送るようなケースです。

これは立派なパワハラであり、先輩や上司にやられているなら我慢せずどこかに相談するなり異動や転職で離れられるよう行動に移すべきです。

今回は、ミスの指摘や叱責のメールをCCに大勢の社員を入れて送るような行為がパワハラである件について解説します。


ミスの指摘や叱責のメールをCCでばら撒くのはパワハラ

部下に対して叱責するような内容のメールを送る際、CCに大勢の社員や役員を入れる人間がいますが、このような行為は立派なパワハラです。

送る本人は「情報共有の為だ」などと言い訳をするかもしれませんが、これは情報共有というよりはたださらし者にしているに過ぎません。

朝礼や会議など大勢の社員がいる前で怒鳴りつけるのと同じです。

ここでは、そのような行為がパワハラである理由を具体的に解説します。


関連記事:会議で吊し上げるのは立派なパワハラ!そんな会社はすぐに退職するべき




スポンサーリンク


さらし者にしているだけである

CCに大勢の人間を入れ、色々な人が見れる状態で特定の人間を叱責するような行為はただその人間をさらし者にしているに過ぎません。

ミスの指摘や叱責をするなら、別にCCで大勢に知らしめる必要はありません、本人にだけ送れば済む話です。

わざわざ無関係の同僚が見れる状態で叱るのは、大勢の前で恥をかかせてやりたいという思惑があると考えられます。

こんなのは指導でも何でもありません、行き過ぎたパワハラだと言えます。


情報共有にしてもやり方が下手すぎる

CCに多くの同僚を入れてミスの指摘をする上司は、「情報共有の為だ」「同じミスが出ないよう周知する目的」などと言い訳をするかもしれません。

しかし、仮に本当にその目的でやっていたとしてもやり方が下手すぎます。

情報共有がしたいのであれば、ミスの内容やその対策などを記載した文書を別に作って周知すればいいだけです。

そうせずに、ミスをした本人への指摘・叱責メールをそのまま同僚にばら撒くのは本人への配慮の欠片も無い行為です。

そのような行為はパワハラだと言われても文句は言えないでしょう。


お知らせ

Amazon Kindleにて電子書籍「社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口: こうしてみんな壊されていく」を出版しました。
本書では、「うちの会社ってもしかしてブラック企業?」「上司から洗脳されているのかもしれない」と疑問を持っている方に向けて、ブラック企業が行う洗脳の具体例を解説しています。

Kindle Unlimitedに加入されている方なら無料でお読みいただけます。


社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口: こうしてみんな壊されていく

CCに入れられた方も迷惑

さらし者にされた本人は勿論ですが、CCに入れられた同僚からしても、こんな内容のメールが送られてくるのは迷惑です。

自分の業務に関係の無いパワハラメールなんて邪魔以外の何物でもありません。

その上、それを読むだけで嫌な気分になりますし、場合によっては「次は自分がやられるかもしれない」と恐怖に感じるかもしれません。

結局のところ、CCに多くの社員を入れてメールを送るなんて行為は送る人間の自己満足であり、本人やCCに入れられた人間共に嫌な気持ちになるだけであって何の意味もありません。


関連記事:「体育会系だから」とパワハラを肯定する上司や会社が異常すぎる理由

電子書籍を出版しました!
この度、Kindleにて電子書籍を出版しました。

日々、理不尽なパワハラ上司から叱られ続け、「自分はダメな人間なんだ…」と自分を責めてしまっている方に向けた書籍であり、「悪いのは自分ではなく上司の方だ」と認識出来るような内容になっています。

Kindle Unlimitedに加入されている方なら無料でお読みいただけます。



部下を潰す自分勝手な上司たち: パワハラをするクズ上司からの洗脳を解き、自尊心を守る



部下を潰す自分勝手な上司たち: パワハラをするクズ上司からの洗脳を解き、自尊心を守る

最後に

今回は、CCに大勢の社員を入れてミスの指摘・指導メールを送るのがパワハラである理由について解説しました。

これは、朝礼や会議の場で特定の人間を吊し上げるような行為と同様に、たださらし者にしているに過ぎません。

情報の共有が目的であったとしてももっと良いやり方はあります。

そうせずに、わざわざCCでパワハラメールをばら撒くのは、送った側の自己満足だと言えます。

そんなとんでもないパワハラをするような上司の下で働き続けるのは困難です。

早めに離れられるよう行動に移しましょう。


スポンサーリンク


この記事を書いた人

社畜シンド

大学卒業後、大企業から中小零細企業まで様々な規模のブラック企業にて合計約10年勤務。 過去の経験を活かし、ブラック企業やパワハラに悩んでいる方に向けて当ブログ及びツイッターで情報発信を行う。 ツイッターのフォロワー数1万人以上。 Amazon kindleにて電子書籍「部下を潰す自分勝手な上司たち」「社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口」を出版。


無料転職サポート
ブラック企業を徹底排除!厳しい基準で企業を審査する為、入社後の定着率は97%以上!
未経験、第二新卒、既卒、フリーター、無職の方向けの転職サポート

↓ここから無料登録できます

公式サイト:ブラック企業を徹底排除!|無料転職相談・サポートのウズカレIT【UZUZ IT】