「あいつは使えない」と部下を馬鹿にする上司は管理職失格

「あいつは使えない」と部下を馬鹿にする上司は管理職失格

世の中には、「あいつは使えない」と部下を馬鹿にしたり貶したりする上司が存在します。

そのような上司は、部下本人に「お前はダメだ」などと直接言う場合もありますが、他の部下や他部署の人間にまで「あいつはダメな奴なんだよ」と悪評を流す場合もある為、ターゲットにされた部下からすると堪ったものではありません。

結論から先に言うと、「あいつは使えない」などと部下を馬鹿にするような悪評を流すのは上司として間違っています。

今回は、「あいつは使えない」と部下を馬鹿にする上司は管理職として失格であることについて解説します。


「あいつは使えない」と部下を貶す上司が管理職失格である理由

「あいつは使えない」と部下の悪評を周囲の人間に流す上司は管理職として失格です。

そもそも、所謂「使えない部下」を仕事のできる人間に育て上げたり、適性のある業務を割り振ることによって会社の利益に貢献できるようマネジメントするのが上司の役割です。

「あいつはダメだ」などと周囲の人間に悪評を流す人間は、自分の管理力・指導力不足を棚に上げて部下に責任転嫁しているに過ぎません。

ここでは、そんな上司が管理職失格である理由を具体的に解説します。


関連記事:上司に使えないと言われても気にしなくていい理由




スポンサーリンク


「使えない部下」を使えるようにするのが上司の仕事

先にも書きましたが、「使えない部下」を使えるようにするのが上司の役割です。

まともに部下を育てない(育てる事ができない)癖に、周囲の人間に「あいつはダメだ」と言いふらすのは、「自分は上司としての仕事をしていない」と宣伝しているようなものです。

また、「あいつは使えない」といった言葉で部下を貶したり責めたりするのは、自分の管理力不足を棚に上げた上で、「悪いのは全てあいつだ!自分は何も悪くない!」と部下に責任転嫁しているに過ぎません。

そんな事をする人間は管理職失格だと言えます。


そもそもパワハラである

そもそも、部下本人に対して「お前は使えないな!」と言ったり、周囲の人間に「あいつは使えない」と悪評を流すのは立派なパワハラです。

部下を指導したり教育したりする際に「使えない」などといった暴言を吐く意味は無いですし、ましてや周囲の人間に言いふらす必要なんて全くありません。

そんな事をしても何もプラスにならないどころか、部下に意味の無い精神的ダメージを与えるだけです。

結局、自分のストレスを発散するために暴言を吐いているに過ぎず、それはただのパワハラだと言えます。


関連記事:「職場で上司から無視される」→パワハラなので我慢しない方がいい

お知らせ

Amazon Kindleにて電子書籍「社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口: こうしてみんな壊されていく」を出版しました。
本書では、「うちの会社ってもしかしてブラック企業?」「上司から洗脳されているのかもしれない」と疑問を持っている方に向けて、ブラック企業が行う洗脳の具体例を解説しています。

Kindle Unlimitedに加入されている方なら無料でお読みいただけます。


社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口: こうしてみんな壊されていく

同僚のモチベーションに悪影響を与えている

「使えない」と言われた部下本人は勿論、そんな話を聞かされる同僚もいい気はしないでしょう。

それどころか、「もしかして自分も陰で何か言われているのでは…?」と不安になってしまう可能性もあります。

そうなると、余計な不安を感じることになりますし、場合によってはその職場で働くのが嫌になってしまうこともあります。

このように、部下の悪口を言う上司がいると、同僚のモチベーションに悪影響を与える事になる為、そんな事をする上司は管理職として失格だと言えます。


電子書籍を出版しました!
この度、Kindleにて電子書籍を出版しました。

日々、理不尽なパワハラ上司から叱られ続け、「自分はダメな人間なんだ…」と自分を責めてしまっている方に向けた書籍であり、「悪いのは自分ではなく上司の方だ」と認識出来るような内容になっています。

Kindle Unlimitedに加入されている方なら無料でお読みいただけます。



部下を潰す自分勝手な上司たち: パワハラをするクズ上司からの洗脳を解き、自尊心を守る



部下を潰す自分勝手な上司たち: パワハラをするクズ上司からの洗脳を解き、自尊心を守る

最後に

今回は、「あいつは使えない」と部下を馬鹿にする上司が管理職失格であることについて解説しました。

そもそも、「使えない部下」を仕事ができる人間に育てるのが上司の役割です。

「あいつは使えない」と周囲の人間に悪評を流す上司は、自分の役割を理解していないか、自分の管理力・指導力不足の責任を部下に押し付けているに過ぎません。

また、陰で人の悪口を言う上司がいると同僚のモチベーションに悪い影響を与えるので、そんな事をする時点で管理職にふさわしい人間ではないと言えます。


スポンサーリンク


この記事を書いた人

社畜シンド

大学卒業後、大企業から中小零細企業まで様々な規模のブラック企業にて合計約10年勤務。 過去の経験を活かし、ブラック企業やパワハラに悩んでいる方に向けて当ブログ及びツイッターで情報発信を行う。 ツイッターのフォロワー数1万人以上。 Amazon kindleにて電子書籍「部下を潰す自分勝手な上司たち」「社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口」を出版。


無料転職サポート
ブラック企業を徹底排除!厳しい基準で企業を審査する為、入社後の定着率は97%以上!
未経験、第二新卒、既卒、フリーター、無職の方向けの転職サポート

↓ここから無料登録できます

公式サイト:ブラック企業を徹底排除!|無料転職相談・サポートのウズカレIT【UZUZ IT】