営業に必要なスキルまとめ~売れる営業マンになるために~

営業に必要なスキルまとめ~売れる営業マンになるために~

営業職の仕事は結果が全てです。いくら努力しても成果が出ないと評価はされませんし、逆に多少サボっていてもしっかりと売上げを上げていれば何も言われません。

事務系の仕事と違い、「売上げ」という明確な数字が出る仕事ですので誤魔化しは効きません。また、多くの企業ではインセンティブ制を採用しており、ノルマを達成したり高い商品を成約させることが出来れば給料に歩合が上乗せされます。

しかし、ノルマを達成することができなければ社内に居づらくなり、最終的に退職してしまうまで追い込まれたりと厳しい仕事です。営業に就職・転職を考えてはいるものの、本当にやっていけるか不安な方も多いでしょう。

そこで今回は、売れる営業マンになるために必要なスキルをまとめました。ここで紹介するスキルを習得し、営業職として成功を目指しましょう。


営業職に必要なスキル

売れる営業マンになるためには、様々なスキルが必要になってきます。相手が物ではなく人ですので、人の心を動かすことが一番重要になってきます。

「この営業マンは信頼できるから買ってみよう」「今は必要ないけどいつも頑張ってくれるし困ってるなら助けてあげよう」といったように、相手に信頼される関係を築くことを目指します。

ここではそうなる為に必要なスキルをまとめました。

関連記事:【営業手法別】営業職の種類とその特徴解説

ヒアリング力

営業にはコミュニケーション力が必要だと言われます。ここいうコミュニケーション力とは、「場を盛り上げたり話を絶やさないこと」ではなく、「相手が必要としている事を正確に聞きだす力」です。つまりヒアリング力ですね。

相手が求めていないことを提案したり、間違った認識で話を進めても成約することは困難です。相手が「どんな状況」で「何に困っているか」をしっかりヒアリングし、それにあった提案をすることで成約に繋げることができます。


プレゼンテーション力

自社の商品がいくら魅力的で、顧客の利益に繋がるものであってもそれを相手に伝わるように提案しなければ売れることはありません。魅力がある商品をより魅力的に見えるようにプレゼンし、「買ってみよう」と思ってもらうことが重要です。


クレーム対応スキル

営業の仕事をしているとクレームは付き物です。売った商品に欠陥があったり、サービスに不具合が生じた際、真っ先に営業にクレームが入ります。その時の対応を間違えると契約を打ち切られ二度と取引が出来なくなる可能性があります。

ここでうまく対応することで顧客から信頼され、新たな取引に発展することも期待できます。その為には誠意ある謝罪をすることと、対応状況のマメな連絡、代替手段の提案等が効果的です。


強いメンタル

営業職には強いメンタルが必須です。中々成果に繋がらなかったり、邪険に扱われたり、クレームが多発したりと精神的に追い詰められるシーンが多いです。

ここで悩んでしまったり落ち込んだりしていると、ますます状況は悪化していきます。絶対に成果を上げるという強い意志と、断られても諦めない心など、メンタルの強さが営業には必要です。


行動力

行動力も売れる営業マンになるためには必要になります。頻繁に顧客の下へ訪問し、顔を覚えてもらい信頼されるまでの関係を作っていきます。

また、問い合わせがあった際に迅速に対応することが大切です。後回しにしたり、ゆっくり準備をしていると同業者に先を越される可能性があります。

せっかくの問い合わせですので、それを無駄にせず契約までもっていく行動力が重視されます。


顧客の業務知識

顧客がどんな業種で、どんな仕事をしているのか把握することは非常に大切です。顧客の業務知識がないと有効な提案ができません。

普段どんな仕事をしているのか、どんな課題があるのかを知ることで、それを解決できる商品やサービスを適切に提案することができるようになります。


最後に

今回は営業職に必要なスキルをまとめてご紹介しました。先にも書きましたが、営業は成績が全てです。高い成果を出すことで給料も上がりますし、社内の評価も格段に高くなります。

必要なスキルをしっかりと身に付け、売れる営業マンを目指しましょう。