従業員を大切にしないブラック企業の特徴

従業員を大切にしないブラック企業の特徴

所謂「ブラック企業」は社員を大切にはしません。厳しいノルマや膨大な業務量、長時間の残業、各種ハラスメント等で次々に社員が退職するため、常に求人を出している状況です。

「社員は家族」「従業員を大切にする会社」「人材ではなく人財」などと口では言ってますが、本音は「使い捨てに出来る人間だとしか思っていない」です。そういった会社に入社してしまうと、心身ともに疲弊して最悪の場合は病気になってしまう可能性すらあります。

そんな会社には入社しないよう気をつけることが重要です。
そこで今回は、従業員・社員を大切にしない会社の特徴について解説していきます。


なぜ従業員を大切にしないのか

縁があって入社した社員ですから、普通の感覚だと大切にしようと思いますが、ブラック企業はそうではありません。なぜ大切にしないのでしょうか?

理由の一つとして、「従業員を物としか考えていない」ことが挙げられます。社員のことを売上げを上げる為の道具としか認識しておらず、退職したら補充すればいいという考えで運営している可能性が高いです。

経営者(企業)が儲かれば何でもいいという思考なんですね。そう考えているから、給料を安く抑え、その分低価格で商品やサービスを提供することが出来てしまいます。そのしわ寄せが全うに運営している企業に来てしまうので、社会的にも問題ある企業だと言えます。

また、社員を大切にしないもう一つの理由ですが、「経営者が同様の企業に勤めていた経験がある」ことも挙げられます。自分自身がそういう企業で働いていた経験がある為、それが普通だと思い込んでしまっています。

もっと酷いケースだと「自分が苦しい思いをしたので社員もそうなって当然」と意図的にそんな運営をしていることもあり得ます。


従業員を大切にしない企業の特徴

それでは、従業員を大切にしない企業の特徴について解説します。求人票や面接で判断できることもありますが、残念ながら入社してからでないと分からないこともあるので注意しましょう。

関連記事:【ブラック企業】面接で分かる入社してはいけない企業の特徴

労働・残業を美化している

求人票や面接において、労働や長時間の残業を美化している企業は要注意です。確かに働くことは大切ですが、ブラック企業の問題が社会的に認識されている現在、長く働く事を良い事だと捕らえている会社は社員を大切にしていない可能性が高いです。

禁止事項が多い

業務に関係の無い禁止事項が多い企業も、ブラック企業である可能性が高いです。特に私生活においての禁止事項がある場合はかなり危険だといえます。

例えば「SNS禁止」や「副業禁止」などがそれに当たります。本来、給料の発生していないプライベートはどう過ごそうが勝手であり、会社に口を出される筋合いはありません。

私生活まで会社のルールで縛ろうとする企業は社員を大切にしているとは到底言えないでしょう。


待遇が悪い

人間が働く目的は生活の為というのが一番大きいです。待遇面、特に給料や賞与が少ないと生活に支障をきたしてしまいます。

入社したての新人なら仕方ありませんが、何年も勤めているのに昇給しないような企業の経営者は、社員の生活の事を何も考えていないと言えます。


休日に社内行事を行なう

休日に社内行事を行なう企業も、ブラックである可能性があります。本来休日は普段の疲れを癒すためにゆっくり休んだり、家族や友人と過ごす大切な時間です。それを会社の行事で潰してしまうのはダメな行為です。

あくまで任意参加なら良いですが、強制だったり任意といいつつも参加せざるをえない雰囲気だったりすると、社員の気持ちを考えない企業です。

社員旅行やレクリエーションを取り入れている企業は多いです。それが休日に行なわれるか、業務時間に行なわれるかで大きく変わってきます。


最後に

今回は従業員を大切にしないブラック企業の特徴について解説しました。入社してからでないと見えない部分もありますが、出来るだけ求人票や面接の時に確認し、怪しいと思ったら辞退することをお勧めします。万が一入社してしまった場合、早めに転職を検討したほうがいいです。