ノー残業デーとは?そもそもおかしい理由

ノー残業デーとは?そもそもおかしい理由

長時間労働が問題になっている昨今、働き方改革などで労働者の労働時間を短くしようという試みが多数行われています。

その中の一つに「ノー残業デー」という制度を設ける企業が増えてきました。

実際、勤めている会社にもこの制度があるという方も多いのではないでしょうか?しかし、そもそもこのノー残業デーというのは的外れであり、制度自体がおかしいと言えます。

今回は、ノー残業デーとは何か?そもそもこれがおかしい理由について解説していきます。


ノー残業デーとは?

ノー残業デーとは、週に1日か2日残業をせずに定時で帰宅する日を設ける制度です。

以前から長時間労働が社会的な問題になっており、それを目的で設けられるものです。

基本的に水曜日をノー残業デーに指定する企業が多いです。理由としては、週の真ん中だからということが挙げられます。

また、この制度を設けることは法律で義務付けられておらず、企業の判断で決められる独自の制度です。

ですのでこの制度自体無い企業もありますし、内容も会社ごとに異なります。

関連記事:みなし残業制度はデメリットだらけ!絶対に入社してはいけない理由

そもそもおかしい理由

先にも記載しましたが、このノー残業デーという制度自体が間違っています。

確かにまともに運用すれば労働時間を減らすことができる可能性もありますが、それが出来ている企業は少数でしょう。

ここではこの制度がおかしい理由について解説します。


残業するのが当たり前になっている

本来、残業することは例外であり、定時で帰るのが当然です。

しかし、ノー残業デーを設けるという事は、残業することが当たり前になっているということだと考えられます。

はっきり言ってこれは異常です。企業の経営者に求められるのは、週に1日だけ残業しない日を設けるのではなく、残業しないのが当たり前になるよう人材を増やしたり、業務を効率化させることです。

これが、ノー残業デーがそもそもおかしい理由の一つです。


守られていない

この制度がある企業でも、まともに運用されず守られていないケースが非常に多いです。

単純に無視して残業させ続けたり、それが出来ない場合は仕事を持ち帰らせて家でやらせるなんてこともあります。

そうなると、見かけ上は定時で退社したことになるので、本来もらえていた残業代が貰えないなんてことも十分有り得ます。

つまりこの制度があることがデメリットになってしまいます。


業務量が減る訳ではない

ノー残業デーを設けたからといって、大多数の企業では今までと業務量は変わりません。

そうなると、ノー残業デーに残業をしないようにするために、普段の残業時間が増えたり無理な効率化をするハメになり、逆に負担が増えてしまうケースもあります。

もしこの制度を導入するのであれば、業務量を減らすことをセットにすることが必須ですが、まず不可能でしょう。

これも、この制度がそもそもおかしい理由の一つです。


最後に

今回はノー残業デーの概要と、そもそもこれがおかしい理由について解説しました。

残業することが前提になっている状態がまず異常だという認識を持つことは大切です。

本来、毎日定時退社するのが当たり前でなければなりません。

週にたった1日2日だけ定時で帰れる日を作るのではなく、従業員を増やしたり業務を無理なく効率化させることによって毎日残業せずに帰れる労働環境を作ることが、経営陣に求められることです。