人間関係が原因で退職しても気にしなくて良い理由

人間関係が原因で退職しても気にしなくて良い理由

今の会社を辞めようと考えてしまうのには、様々な理由があります。

給料が安かったり、福利厚生が悪かった、仕事内容が自分には合わなかった等、人によって色んな原因があって退職する事を決意しているでしょう。

その中でも、「職場の人間関係が悪かった」というのが原因で退職を検討していたり、もう辞めてしまったという方が多いです。

この理由で辞めた場合、「自分が悪い」「自分は社会不適合者だ」なんて自分自身を責めてしまいがちですが、そんな事はありません。

今回は、職場の人間関係が原因で退職してしまっても気にしなくて良い理由について解説します。


人間関係で退職しても気にしなくて良い理由

断言しますが、人間関係が悪かった・周囲に馴染めなかった・同僚と合わなかったといった理由で退職しても気にする必要はありません。

これは職場に原因があったり、辞めた人間には否が無いといったケースが多いからです。具体的に解説します。

関連記事:会社の人間関係にストレスを感じたときの対処法



無料自己分析サービス
リクナビネクストで無料自己分析

あなたの隠れた才能や個性を簡単な質問に答えるだけで徹底分析!



診断結果を今後のキャリア形成に活かせる自己分析ツール「グッドポイント診断


先輩や上司の配慮不足

新入社員が職場に馴染めない原因は、先輩社員だったり上司だったりなど既にその場で働いている人間の配慮不足なことが多いです。

一緒に仕事をする上で円滑なやり取りは非常に重要です。

それが出来るよう上司や先輩社員は新人に配慮するべきです。

しかし、業務が忙しく新人を放置してしまったり、コミュニケーションを自分から取りに行かなかったりといった事が原因で、新入社員が職場の人間関係の輪に入れない状況はよくあります。

これは新人が悪い訳ではありません。

労働環境が悪い

会社の労働環境が劣悪なため、社員同士の人間関係が非常に悪くなっているといったケースも多いです。

過酷なノルマを達成するために同僚同士で顧客を取り合っていたり、上司のパワハラや無理難題が多いせいで常にピリピリした雰囲気だったりといった環境では、誰も馴染めません。

それは完全に会社や上司側に非があるため、そんな会社を辞めたとしても自分自身を責める必要は全くありません。




合わせて読みたい

人間関係で辞める人は多い

実は人間関係が原因で会社を退職した人間は非常に多いです。

1番多い退職理由は給与面の不満であり、2番目に多いのが人間関係が原因だというアンケート結果があります。

つまり、人間関係が原因で辞めることは極普通、当たり前のことであり、自分が特別悪い訳ではありません。

また、日本にはそれだけ環境が良くない会社が多いということでもあります。

これが人間関係で退職しても全く気にしなくて良い理由の一つだと言えます。


転職面接での伝え方

ここまで、人間関係が原因で辞めたとしても気にしなくて良い理由を解説しました。

しかし、転職する際の面接での伝え方には気をつけなければなりません。

素直に「人間関係が悪かった」と言ってしまうと、トラブルを起こすのではないか?協調性が無いのではないか?と悪い印象を与えてしまいます。

出来るだけポジティブな内容に言い換えることが大切です。

例としては、「前職は個人プレーが多かったので同僚と協力して仕事をしたい」といった内容が挙げられます。


最後に

今回は、人間関係が悪いことが原因で退職してしまっても気にしなくて良い理由について解説しました。

これは大抵の場合、上司や職場に非があるため、自分が悪い訳ではありません。

また、この理由で会社を辞める人は非常に多く、自分が特別悪かったりコミュニケーション力が低いということもありません。

ただし、過度に気にする必要はありませんが、面接での退職理由の伝え方には注意しましょう。

そのまま伝えてしまうとマイナスの印象を与えることになるので、出来るだけポジティブな内容に言い換えることが重要です。


 

無料転職カウンセリング
ブラック企業を徹底排除!厳しい基準で企業を審査する為、入社後の定着率は93%以上!
未経験、第二新卒、既卒、フリーター、無職の方向けの転職サポート

↓ここから無料相談できます

公式サイト: ブラック企業を徹底排除!|無料転職相談・カウンセリングのウズキャリIT【UZUZ IT】