平日休みの仕事はやめとけ、最悪と言われる理由

平日休みの仕事はやめとけ、最悪と言われる理由

世の中には色々な仕事や会社があり、その性質によって休日が変わってきます。

土日祝日が休みの会社もあれば、平日休みの会社等まちまちですが、そんな中で「平日休みの仕事はやめとけ」「絶対に土日休みにした方がいい」と言われることが多いです。

確かに平日休みならではのメリットもあります。

しかし、それを大幅に上回るデメリットがあるのも事実です。

今回は、平日休みの仕事は最悪であり、やめとけと言われる理由について解説します。


平日休みの仕事はやめとけと言われる理由

土日休みではない企業は決まって「平日は人気店が空いている」とか「役所手続きに行きやすい」なんてことを言います。

しかし、メリットはそれだけです。

そもそも、そんなに頻繁に人気店や観光地、役所手続きに行くでしょうか?

そうでないなら、土日休みの会社で仕事をしながら必要な時に平日に有給を取ればいいだけです。

また、平日休みには逆にとても重大なデメリットが存在します。詳しく見ていきましょう。


家族友人と予定が合わない

単純に、家族や友人と予定が合わなくなるというのが大きなデメリットです。

平日が休みだという事は、土日が繁忙期であるということでもあります。

友人や家族とどこかに出かけようにも、自分が土日に休みを取るのが難しい為、必然的に相手に平日に休んでもらう必要があります。

1度や2度ならまだしも、それが何度も続くと印象が悪くなりますし、家族ならまだいいですが友人の場合は疎遠になるきっかけにもなります。

これが平日休みはやめとけと言われる理由の一つです。


世間の浮かれたムードが嫌になる

土日に仕事をしなければならないということは、ゴールデンウィークやお盆、年末年始など多くの人が休んでいる時に働かなければならないということです。

世間がお祭りムード、浮かれたムードの中仕事をするのは非常に嫌なものです。

また、基本的にそういった大型連休が繁忙期になるケースが多いため、仕事自体も忙しくなります。

この様に、大勢の人が休んでいるときに休めないのが、平日休みは最悪と言われる理由の一つです。


関連記事:社会人は長期休暇に何をする?おすすめの過ごし方

年間休日が少ない

土日休みの企業と比べて、年間休日が少ない傾向にあるのも大きなデメリットです。

例えば土日祝日と夏季休暇、年末年始休暇があるような企業の場合、年間休日は125~130日ほどになります。

平日休みであり、夏季休暇や年末年始休暇が無い場合、年間休日は110日前後になるでしょう。

この様に、土日祝休みの企業よりも休日の日数自体も少なくなることが多いという事も、やめとけと言われる理由です。


個人相手の仕事で精神的にキツい

平日が休みの仕事は、顧客が個人の可能性が高いです。

個人相手の営業職や消費者と小売店などで顧客と直接関わる販売職、コールセンタースタッフなどがそれに当たります。

どの仕事に関しても、顧客が法人の場合よりも精神的に辛い仕事です。

無理難題や理不尽な事を言われるケースが多く、時には罵倒されることもあります。

土日休みでないからと言って、必ずしも個人相手の仕事だとは限りませんが、もしそうであれば尚更やめておいた方がいいと言えます。


最後に

今回は、平日休みの仕事は最悪であり、やめとけと言われる理由について解説しました。

家族や友人と予定を合わせるのが困難になり、場合によっては疎遠になってしまうことも有り得ます。

また、長期休暇シーズンで世間が浮かれたムードの中、休むどころか逆に繁忙期を迎えるのは精神的に辛いものがあります。

確かに平日に休めるメリットもありますが、それは微々たる物です。

基本的に土日祝日にしっかり休める仕事に就くことをお勧めします。