朝どうしても会社に行きたくない時どうすればいい?対処法解説

朝どうしても会社に行きたくない時どうすればいい?対処法解説

「今日はどうしても会社に行きたくない」「寝起きで最悪な気分だ」「通勤する事を考えると酷く憂鬱になる」朝起きて、この様なことを考えたことがある方は多いのではないでしょうか?

「社会人として当日欠勤するのは絶対ダメだ」と思い無理矢理出社しようとしても、どこか気分が乗らず休んでしまいたいと感じてしまう日もあります。

年に1日2日くらいなら仮病で休んでも問題ないと思いますが、それを何度も繰り返してしまうと評価も下がりますし、信用も無くなってしまいます。

ですので、憂鬱な気分でも何とか出社することも大切です。

今回は、朝、どうしても会社に行きたくないと感じてしまう時にどうしたらいいのか?対処法について解説します。


朝会社に行きたくない時の対処法

「今日は会社を休んでしまおうか…」こんな事が頭をよぎるかもしれませんが、安易に休んでしまうと後々後悔します。

繰り返し休むと周囲からの嫌な視線を送られることになりますし、やらなければいけない仕事が無くなる訳ではないので翌日更に大変なことになってしまいます。

では、朝行きたくないと感じてしまう時はどうしたらいいのでしょうか?

それは「とにかくそこから意識を逸らす事」や「考え方を変える事」である程度解決することができます。

ここではそんな時の対処法を具体的に解説します。


関連記事:【当日】急に会社をサボりたくなった・休みたい時の言い訳

早退すると決めて家を出る

一番効果的なのは、「今日は早退しよう」と決めて無理矢理家を出ることです。

「昼休憩になったら仮病を使って帰ろう」と考えるとかなり気が楽になるので、何とか家を出ることができます。

また、職場に着いてしまえば割と惰性でだらだらと何とかなることも多いので、とにかく家を出ることに集中しましょう。

それで何とかなれば良いですし、出社しても憂鬱な気分が解消できなければ本当に早退してしまえばいいです。

それでも欠勤するよりは周囲からの評価は遥かにマシになります。

ただし、今のご時世気をつけなければいけないのが、「早退する理由」です。

下手に発熱したとか理由を付けてしまうと大事になりかねないので、腹痛や急用など当たり障りの無い理由を考えることが重要です。


転職サイトに登録してみる

これは朝早く起きすぎてしまい時間がある時に限られますが、転職サイトやエージェントに登録してみるのも対処法の一つです。

登録するのにも時間がかかりますし、それに集中して「会社に行きたくない」という感情を忘れることができます。

また、これで転職する準備が出来たと考えることで、会社で嫌な事があっても「もうすぐ逃げられる」と思うこともできます。

早朝に目が覚めて出社まで時間があると会社に行きたくないといった憂鬱な気分になりがちです。

そんな時はこの様な方法で気を紛らわせることが大切です。これも対処法の一つだと言えます。


何かあったら辞めてもいいやと考える

朝、どうしても会社に行きたくないと感じるのには理由があります。

「上司や先輩から怒られる」「気が乗らない作業がある」「嫌な顧客との打ち合わせがある」など人によって様々です。

そんな時は考え方を変えてみるのも対処法の一つです。

もしこれ以上嫌な事があれば会社を辞めてもいいや」と考えることで強気になることができます。

どの道出社するのが酷く憂鬱な会社であれば、我慢し続けても長続きしません。

もうどうでもいいと考えることで気が楽になります。


SNSで仲間を探す

SNSで「仕事に行きたくない」「出社するのが憂鬱だ」といったワードで検索してみると、同様の悩みを抱えている方が大勢出てきます。

自分だけじゃないんだ、他にも同じく大変な人がいるんだ、と考えると落ち着くことができます。

ただし、「みんな頑張っているから自分も頑張らなければ」と考えるのはNGです。

そうではなく、「同様の悩みがある仲間がいる」と考える事が大切です。


最後に

今回は、朝にどうしても会社に行きたくないと考えてしまう時にどうしたらいいのか対処法について解説しました。

とにかく家を出ることができれば何とかなるケースが多いです。

その為に仕事から意識を逸らしてみたり、最悪早退すれば良いやといった気持ちになることで憂鬱な気分を紛らわすことができます。

嫌だからといって安易に休んでしまうと後々面倒なことになるので、考え方を変えて出社できそうなら出社することをお勧めします。