残業時間40時間はありえない!!絶対に普通じゃない理由

残業時間40時間はありえない!!絶対に普通じゃない理由

月の平均残業時間が40時間なんて会社は結構あります。

また、みなし残業制を採用している会社は給料に40時間分の残業代が含まれているなんて場合もあります。

これに対し、「40時間くらい普通だ」「これで文句を言うなんて甘え」なんてことを言う人もいます。

断言しますが、一か月の間に40時間も残業するのはどう考えても異常であり、全く普通ではありません。

これを普通だ甘えだと容認していると、いつまで経っても労働環境は改善されません。

今回は、残業時間が40時間はありえない、長すぎる!絶対に普通ではない理由について解説します。


残業40時間は普通ではない理由

確かに、36協定が結ばれていれば40時間の残業は認められる範囲内です。

しかし、それが普通かどうかは別問題です。

繁忙期に例外としてそれくらい残業があるなら仕方のない面もありますが、それが慢性化していて毎月そんなに残業が発生するなら絶対にありえない状況です。

ここでは40時間は普通ではない理由を詳しく解説します。


関連記事:みなし残業制度はデメリットだらけ!絶対に入社してはいけない理由

週の法定労働時間と同じ時間である

1週間の法定労働時間は1日8時間×5日で40時間です。

つまり、月に40時間の残業があるということは、1週間分長く働いているということです。

これはどう考えても長すぎます。

残業代がしっかりと支給されているならまだしも、みなし残業制で40時間分の残業代がすでに給料に含まれている会社なら尚更おかしい状況です。

1週間も普通より長く働いているのに、本当にそれだけ上乗せされているでしょうか?

実際はみなし残業だと基本給が下げられているケースが多いです。

そうであれば、実質1週間分ただ働きになります。


一か月の労働時間が200時間になる

1日8時間で月に20日間働くとすると、それだけで160時間働いていることになります。

そこに40時間の残業が加わると、一か月で200時間にも上ります。

それだけ働いてしまうと、帰宅後や休日は疲れて何も出来なくなり、趣味等自分が好きな事を行うことが不可能になります。

これでは生活の中心が労働になってしまいますし、何のために生きているのか分からなくなります。 

これが40時間残業はありえない、普通だとは絶対に言えない理由の一つです。


1日の間に自由な時間が少ない

月に40時間残業があるとすると、1日平均2時間くらいは定時をオーバーして働く計算になります。

そうなると、24時間の中で労働時間だけで10時間も奪われます。

実際はそこから休憩時間や通勤時間、準備等の時間も発生されるので、拘束される時間は更に長くなります。

また、それだけでなく睡眠や食事、入浴などにも時間を使うため、趣味などをしている暇はほとんど無いことになります。

到底これが普通だとは思えません。

先にも書きましたが、労働中心の生活になってしまっては人間として何のために生きているのか分からなくなります。

1日8時間労働でも長すぎるのに、そこに2時間も毎日残業するのは絶対に許されないことですし、ありえないことだとも言えます。


最後に

今回は、残業時間が40時間なのはありえないことであり、絶対に普通ではないと断言できる理由を解説しました。

中には「それくらい当たり前だ」「別に長いとは思わない」「これくらい出来ないなんて甘え」なんて事を言う人もいますが、それはブラック企業に洗脳された人でしょう。

40時間も月に多く働くのは、人間らしい生活を送る上で絶対にあってはならない事です。

これを普通だ何だと容認してしまうと、ブラック企業の思う壺です。

仕事は人生の中心ではありません。出来るだけ短く楽にしていくことが重要になります。