転職エージェントの担当と合わないなら担当変更しても大丈夫

転職エージェントの担当と合わないなら担当変更しても大丈夫

転職エージェントは転職活動を行う上で非常に便利な存在です。

応募先との面接を調整をしてくれたり、各種書類の添削をしてくれたりと様々な面で重宝します。

しかし、利用する会社や担当者によって質がかなり異なります。

中には仕事が適当だったり対応が悪かったりと、不安になる担当者も存在します。

そんな人間に当たってしまった場合、我慢し続けるのはNGです。

担当変更は可能なので早めに変えることをお勧めします。

今回は、転職エージェントの担当者と合わない場合は担当変更しても大丈夫である理由を解説します。


転職エージェントの担当変更は大丈夫な理由

「せっかく色々してくれた担当者を変更するのは申し訳ない」「変更してくれなんて言ったら嫌な顔をされるんじゃないか」といった様に、担当者と合わなかったとしても変更を申し出るのに躊躇してしまう方が多いです。

結論から言うと、担当変更を申し出ても全く問題ありません。

むしろ、合わないのに我慢する方がよくありません。

ここでは変更しても大丈夫である理由を詳しく見ていきましょう。


関連記事:転職エージェントを使って転職する際のメリットとデメリット解説



無料自己分析サービス
リクナビネクストで無料自己分析

あなたの隠れた才能や個性を簡単な質問に答えるだけで徹底分析!



診断結果を今後のキャリア形成に活かせる自己分析ツール「グッドポイント診断


エージェントは変更されることに慣れている

転職エージェントの担当者は、自分が担当する求職者に変更を申し出られることに慣れています。

特に、最近は直接伝えなくてもメールやweb上で変更申請できる企業も多く、変更するハードルが下がっているため日常的に行われています。

つまり、エージェントにとっては良くある事であり、いちいち気にしたりしません。

これが、合わないと感じたら気を使って我慢せずさっさと変更した方がいい理由の一つです。


我慢してもストレスが溜まるだけ

転職活動をしていると非常に多くのストレスが溜まります。

不採用にされたり面接で嫌な事を言われたりと、イライラすることが多いでしょう。

そんな中で、自分の味方であるはずのエージェントが原因でストレスが溜まるのは本末転倒です。

中には上から目線で説教をしたり、自分を責めるような事を言ってくる担当者も存在します。

そんな担当者に我慢してストレスを溜めていたら転職活動に悪影響をもたらします。




合わせて読みたい

ハズレ担当者に付き合うと転職が失敗する

エージェントの中には、自分の希望している条件をほぼ全て無視し、内定が出やすい企業の求人への応募をゴリ押しするハズレ担当者が存在します。

求職者の転職が成功することより自分の営業成績を最優先している人間です。

その担当者と一緒に転職活動をしても絶対にうまくいきません。

自分の希望条件と全く異なる会社へ入社させようとしているので当然と言えば当然です。

そんな担当者であれば、一刻も早く変更を申し出るべきです。


エージェント業者はいくらでもある

「担当者を変更してくれなんて言ったら悪い印象を持たれるんじゃないか」と悩んでしまうかもしれませんが、全然気にする必要はありません。

万が一そうなってしまったら、担当ではなく会社自体を変更してしまえばいいんです。

転職エージェントを行っている企業はいくらでもあります。

もしトラブルになっても、その企業に固執する必要は全くありません。

いくらでも代わりになる会社はあるので、もし合わないと感じたら強気に担当変更を伝えても大丈夫です。


最後に

今回は、転職エージェントの担当者と合わないなら担当変更をしても大丈夫である理由を解説しました。

お互い人間です、どうしても合わないと感じる担当者がいるのは当然であり、我慢して付き合っても良い事はありません。

担当変更は日常茶飯事であって向こうからすると慣れています。

また、万が一トラブルになったら違う会社を利用すればいいだけなので、過度に気を使う必要はありません。

無料転職カウンセリング
ブラック企業を徹底排除!厳しい基準で企業を審査する為、入社後の定着率は93%以上!
未経験、第二新卒、既卒、フリーター、無職の方向けの転職サポート

↓ここから無料相談できます

公式サイト: ブラック企業を徹底排除!|無料転職相談・カウンセリングのウズキャリIT【UZUZ IT】