仕事が属人化されているなら退職した方がいい理由

仕事が属人化されているなら退職した方がいい理由

会社においてある業務を担当している人間が一人だったり、その仕事のやり方や進め方を知っているのが特定の人間だけなんていう状況になっている「属人化」。

これは企業にとっても従業員にとっても最悪な状態だと言えます。

通常であれば、特定の人間に依存しないようマニュアルを作成し誰でも出来る状態、つまり「標準化」していなければなりません。

そうなっていないのであれば、企業にとっても運営に支障をきたしてしまう可能性があるというリスクがありますし、従業員にとっても負担が大きく辛い状況です。

今回は、仕事が属人化されている企業からは早めに退職してしまった方がいい理由を解説します。


仕事が属人化されている企業から退職するべき理由

「属人化」なんて状態になっている企業で働くと、最初はよくても徐々に辛くなっていきます。

理由は様々ですが、「担当が自分しかいないから休めない」「周囲から仕事が理解されないから低評価される」などが挙げられます。

それぞれ詳しく見ていきましょう。




無料自己分析サービス
リクナビネクストで無料自己分析

あなたの隠れた才能や個性を簡単な質問に答えるだけで徹底分析!



診断結果を今後のキャリア形成に活かせる自己分析ツール「グッドポイント診断


仕事が休めない

担当者が自分しかいない、業務について知っているのが自分だけなんて状態になっていると、体調不良や私用で会社を休むことが出来なくなってしまいます。

自分が休むと会社の営業に支障をきたしてしまう、同僚の仕事をストップしてしまうなんて状況ではそれはある意味当然の考えかもしれません。

しかし、当の本人からすると溜まったものではありません。

要は会社の為に自分の体調やプライベートを犠牲にしているようなものです。

これが仕事が属人化されている企業からは早めに退職した方がいい理由の一つです。


関連記事:人手不足だから体調不良で休めない?気にせず休んで良い理由

プレッシャーがかかる

会社を休みにくくなるのと同様に、自分しか知らない仕事があると無駄な責任感やプレッシャーが発生します。

「自分がやらなければ大変なことになる」「他の人はやり方をしらないから誰も頼れない」などという気持ちになり、それが続くと徐々に精神的に辛くなっていきます。

これが役員などの上の人間であれば、相応の報酬を得ているのである意味当然です。

しかし、そうではない一般社員でここまで責任がのしかかるのは割に合わないでしょう。

これも理由の一つです。




合わせて読みたい

同僚も同じ状況の為仕事が進まない

仕事が属人化されている企業であれば、そんな状況になっているのは一人だけだとは限りません。

自分以外の同僚も同じような状態になっている可能性が高いです。

そうであれば、例えばある情報を持っているのが同僚一人だけであり、その人間と連絡が付かないので自分の仕事が進まないなんて事になりかねません。

つまり、仕事が標準化されている会社よりも働きにくい環境であることが考えられます。


正当に評価されない

ある業務について自分しか知らない、出来ないなんて状況では自分の仕事や成果について正当に評価されない可能性が高いです。

自分は頑張って仕事を進めているのに、それが分からない、内容を誰も知らない為「あいつはいつもパソコンをいじっているだけ」「毎日何やってるか分からないけど暇そうだな」などといったように、周囲からの評価が下がってしまいます。

また、それは同僚だけでなく上司からの場合もあり、そうなれば尚更最悪な状態だと言えます。

上司から不当な評価をされると昇給や昇格、賞与の査定にも影響が出ます。

自分は頑張っているのにそれが評価されないのであれば、モチベーションも一気に下がるでしょう。

これも、属人化されている職場からは退職した方がいい理由です。


最後に

今回は、仕事が属人化されている会社は退職した方がいい理由を解説しました。

担当が自分しかいないなんて状態になると、本当は休みたくても休めなかったり無駄なプレッシャーがかかったりと、肉体的精神的に辛くなってしまいます。

また、周囲の人間から仕事内容が理解されず、不当に低い評価をされることもあります。

とてもではありませんが割に合わない仕事ですので早めに転職することをお勧めします。

無料転職カウンセリング
ブラック企業を徹底排除!厳しい基準で企業を審査する為、入社後の定着率は93%以上!
未経験、第二新卒、既卒、フリーター、無職の方向けの転職サポート

↓ここから無料相談できます

公式サイト: ブラック企業を徹底排除!|無料転職相談・カウンセリングのウズキャリIT【UZUZ IT】