コールセンターってどんな事をするの?仕事内容解説

コールセンターってどんな事をするの?仕事内容解説

アルバイトや派遣など非正規雇用の仕事を探していると、コールセンターの求人を目にする機会が多いと思います。

募集数が多く時給も高いため、気になっている方もいるのではないでしょうか?

「時給が高いから仕事が大変なのでは?」「コールセンターってキツいイメージがある」「やってみたいけど仕事内容がよく分からない」こんな悩みを抱えている方向けに、今回はコールセンターの仕事内容について解説します。


そもそもコールセンターって何?

そもそも、コールセンターという言葉自体は知っているけど実際どんなものなのかよく分からないという方が多いでしょう。

コールセンターとは、顧客に対して電話を使用してサポート等の対応を行う部署や会社の事を指します。

自社の商品やサービスに対しての対応を行う部署として存在しているパターンと、コールセンター事業者として、他社のサービスに対しての対応を行う業務を請け負っているパターンがあります。

とは言え、自社でコールセンターを部署として持っている会社は少数で、求人のほとんどは他社からアウトソーシングとして業務を請け負っているコールセンター事業者のものです。


コールセンターの仕事内容

コールセンターは、顧客に対して電話で何かしらの対応を行う場所であることを解説しました。

これだけ聞くと、電話がかかってきてそれに対応する仕事のように感じますが、それだけではなくこちらから電話をかけるような業務を行っている場合もあります。

この様に、仕事内容はインバウンド(受信)アウトバウンド(発信)に分かれます。

ここでは、コールセンターの仕事内容を具体的に解説します。


関連記事:登録型派遣で働くメリットとデメリット解説

インバウンド(受信)

顧客からかかってきた電話を受けて対応する業務です。

コールセンターはこのインバウンド(受信)のイメージが強いと思います。

内容としては、商品の使用方法の問い合わせや注文や予約などの受付、契約内容の確認や解約など多岐にわたります。

また、時にはクレーム対応を迫られることがあり、理不尽な思いをすることもあります。

これで精神的に辛くなり辞めてしまう人が多いです。

他にも、インバウンドの場合は夜間のシフトが存在するケースがあります。

時給が高くはなりますが、日中帯に比べると変な電話がかかってくる可能性も高くなるので注意が必要です。



アウトバウンド(発信)

かかってきた電話に対応するインバウンドとは逆に、こちらから電話をかけるアウトバウンド(発信)を行う場合もあります。

所謂テレアポと呼ばれるような、商談の場を設ける為の電話だったり、アポイントではなく契約自体を電話で行う電話営業だったりと内容は色々あります。

また、この様なアウトバウンドの場合は何かしらのノルマが設定されていることがほとんどです。

当然、それが達成できないと上司から責められることになりますし、とは言え達成するのは簡単ではありません。

ただ、うまく達成することが出来ればインセンティブが発生する会社もあるので、そうであればやりがいがある仕事です。


最後に

今回は、コールセンターってどんな事をするのか、仕事内容について解説しました。

基本的に電話を受けるインバウンドと電話をかけるアウトバウンドの業務に分かれます。

はっきり言うと、どちらも辛い業務です。

理不尽なクレーム対応を迫られたりノルマに追われたりと、簡単な仕事ではありません。

確かに時給が高い上にシフトや服装が自由であったりとメリットが大きい仕事です。

その分精神的な辛さもある仕事なので、やっていけるかどうか真剣に考えたうえで応募するか決めることをお勧めします。