「仕事に行きたくない」は甘えではない、限界なら休むのは全然あり

「仕事に行きたくない」は甘えではない、限界なら休むのは全然あり

「仕事に行きたくない」と感じている方は多いのではないでしょうか?

それが「仕事をするのが面倒」「行くのがだるい」程度ならまだいいですが、「もう辛すぎて会社に行くと吐き気がする」「家から出るのが怖い」とまで思い悩んでしまうレベルであれば、それは普通ではありません。

そんな人に対して「仕事に行きたくないなんて考えるのは甘えだ!」などと言う人もいますが、それは間違いです。

今回は、「仕事に行きたくない」は甘えではない、限界なら休むのは全然ありであることについて解説します。


「仕事に行きたくない」は甘えではない理由

「仕事に行きたくない」と言うと、「そんなのは甘えだ!」と決めつける人もいますが、それは間違いです。

確かに「何となく面倒臭いから」「家で遊んでいたいから」程度の気持ちなら「甘え」と言われるのも仕方がないかもしれません。

しかし、そんなレベルではなく「会社に行って仕事をするのが怖い」「上司と会話をすると恐怖で震える」とまで思い悩んでいるのであれば、「仕事に行きたくない」と思うのは当然ですし、それは甘えではありません。

ここでは「仕事に行きたくない」が甘えではない理由を詳しく解説します。


関連記事:仕事が辛い時は思い切って休んでしまった方がいい理由




スポンサーリンク


「甘え」と決めつける人間は思考停止している

まず、「仕事に行きたくない」と本気で悩んでいる人に対して「甘えるな!」などと言って責め立てる人もいますが、そんな事をする人は「仕事が辛いのは当たり前だ」という価値観を持っていることが多いです。

後述しますが、「行きたくない」と悩んでしまうのには必ず何かしらの原因があります。

それを無視して最初から「仕事に行きたくないのは甘えだ!」と一方的に決めつける人は思考停止している人だと言えます。

また、「甘えだ!」と責めてくる人の言う事を真に受けて我慢して働き、その結果体調を崩してもその人は責任を取りません。

それどころか、今度は「それくらいで体調を崩すのは甘えだ!」などと責めてくる事さえあります。

ですので、そんな人間の言葉を真に受ける必要は無いですし、限界なら我慢せず休んだ方が良いと言えます。


「行きたくない原因」は会社や上司にあることが多い

そもそも、「仕事に行きたくない」と感じるのには必ず何かしらの原因があります。

「何をしても上司や先輩から怒られる」「仕事を教えて貰えず何もできない」「上の人間からパワハラをされている」といったように、会社や上司、先輩社員などから酷い仕打ちを受けていることが原因になっていることが多く、そんな事をされているのであれば「行きたくない」と感じるのは当たり前ですし、甘えでも何でもありません。


関連記事:仕事が向いていないのは甘えではない!ダメだと思ったら見切りをつけて良い

お知らせ

Amazon Kindleにて電子書籍「社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口: こうしてみんな壊されていく」を出版しました。
本書では、「うちの会社ってもしかしてブラック企業?」「上司から洗脳されているのかもしれない」と疑問を持っている方に向けて、ブラック企業が行う洗脳の具体例を解説しています。

Kindle Unlimitedに加入されている方なら無料でお読みいただけます。


社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口: こうしてみんな壊されていく

「甘え」だと思って無理をすると体調を崩す

「仕事に行きたくないのは甘えだ!」などと言う人の言葉を真に受け、我慢して働き続けると場合によっては体調を崩してしまうかもしれません。

また、「行きたくないのは甘えなんだ…」「自分は甘えているんだ…」と自分自身を責めてしまうと、ますます精神的に追い込まれてしまう可能性もあります。

そうなるよりは、「仕事に行きたくないのは別におかしくない」「辛いから今日は休もう」といったように、開き直って休んでしまった方が精神的には良いですし、気持ちに余裕を持てるようになります。


電子書籍を出版しました!
この度、Kindleにて電子書籍を出版しました。

日々、理不尽なパワハラ上司から叱られ続け、「自分はダメな人間なんだ…」と自分を責めてしまっている方に向けた書籍であり、「悪いのは自分ではなく上司の方だ」と認識出来るような内容になっています。

Kindle Unlimitedに加入されている方なら無料でお読みいただけます。



部下を潰す自分勝手な上司たち: パワハラをするクズ上司からの洗脳を解き、自尊心を守る



部下を潰す自分勝手な上司たち: パワハラをするクズ上司からの洗脳を解き、自尊心を守る

最後に

今回は、「仕事に行きたくない」と感じるのは甘えでは無い、限界なら無理せず休んだ方が良いことについて解説しました。

「どうしても行きたくない」とまで思い悩んでしまうのには原因があります。

会社自体がブラックであったり、上司からパワハラをされている事が行きたくない原因なのであれば、悪いのは会社や上司ですし行きたくないのは甘えではありません。

また、どうしても限界なら無理せず休むことも大切です。

結局のところ、自分の身は自分で守るしかありません。

「甘えるな!」と責めてくる人の言うことは真に受けず、辛いと思ったら休むなり辞めるなりして自分の身を守る事をお勧めします。


スポンサーリンク


この記事を書いた人

社畜シンド

大学卒業後、大企業から中小零細企業まで様々な規模のブラック企業にて合計約10年勤務。 過去の経験を活かし、ブラック企業やパワハラに悩んでいる方に向けて当ブログ及びツイッターで情報発信を行う。 ツイッターのフォロワー数1万人以上。 Amazon kindleにて電子書籍「部下を潰す自分勝手な上司たち」「社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口」を出版。


無料転職サポート
ブラック企業を徹底排除!厳しい基準で企業を審査する為、入社後の定着率は97%以上!
未経験、第二新卒、既卒、フリーター、無職の方向けの転職サポート

↓ここから無料登録できます

公式サイト:ブラック企業を徹底排除!|無料転職相談・サポートのウズカレIT【UZUZ IT】