仕事がうまくいかないなら転職で環境を変えるのは全然ありな理由

仕事がうまくいかないなら転職で環境を変えるのは全然ありな理由

「全然成果が出なくて毎日詰められる」「仕事が理解できずミスだらけ」といったように、仕事がうまくいかないと悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

入社したての時期であればそれは普通ですし時間が解決することもあります。

しかし、その仕事に就いてから数年経ってもその状況であれば話は変わります。

原因は様々ですが、環境が合っていない可能性があります。

そうであれば、思い切って環境を変えてみるのも選択肢の一つとして残しておくといいでしょう。

今回は、仕事がうまくいかないなら転職して環境を変えるのは全然ありである理由について解説します。


仕事がうまくいかないなら環境を変えるべき理由

仕事がうまくいく、いかないというのは、本人の能力だけでなく周囲の環境の影響が非常に大きいです。

会社によって仕事の進め方の方針や考え方、上司の人間性など環境は全く違います。

今の会社でうまくいかないからといって、どの会社でもうまくいかない訳ではありません。

むしろ環境を変えたおかげで一気にうまくいくようになるケースは多いです。

ここでは、仕事がうまくいっていないなら転職して環境を変えるべき理由を具体的に解説します。


関連記事:退職時に言われる「そんなんじゃどこでも通用しない」は嘘



無料自己分析サービス
リクナビネクストで無料自己分析

あなたの隠れた才能や個性を簡単な質問に答えるだけで徹底分析!



診断結果を今後のキャリア形成に活かせる自己分析ツール「グッドポイント診断


周囲の人が変わればうまくいくこともある

仕事がうまくいくかどうかは、一緒に仕事をする同僚や上司など周囲の人間の影響が非常に大きいです。

極端な話ですが、上司や先輩が自分の仕事を妨害してくるようなパワハラ人間だったり、成果を横取りするような人間の場合、いくら努力したところで仕事がうまくいく訳がありません。

そこまで酷くないにせよ、どうしても性格的に合わないような人と仕事をするのは中々大変ですし、合う人間と一緒に働く方が遥かに楽です。

どうしても合わない人間だらけであったりパワハラで仕事の妨害をされるようであれば、転職で環境を変えるのは全然ありだと言えます。


異動の見込みが無いなら我慢しても変わらない

環境を変えると言っても転職にはリスクが伴います。

仕事がうまくいかないにしても、出来れば転職ではなく部署異動で解決したいところです。

それがかなう可能性があるなら、無暗に退職せず時期を待つ方がいいですがそうでないなら話は別です。

異動出来る見込みが全く無いのであれば、いくら我慢しても状況は変わりませんし環境を変えるには転職するしかありません。




合わせて読みたい

合わないものは努力しても合わない

正直、努力で何でも解決できるわけではありません。

仕事内容にしても人間関係にしても、どうしても合わないものは合わないです。

入社したてであれば、それが努力で何とかなる問題かどうかの判断が難しいため、ある程度は頑張ってみる必要はあります。

しかし、もう入って数年経っているなら今までに十分努力したことでしょう。

それでも解決しない、うまくいかないならそのままそこにいても何も変わりません。

これも、仕事がうまくいかないなら転職して環境を変えるのが全然ありである理由の一つです。


最後に

今回は、仕事がうまくいかないなら転職で環境を変えるという選択肢が全然ありである理由を解説しました。

結局のところ、うまくいくかどうかは自分の能力よりも環境の影響が大きいです。

確かにある程度の努力は必要ですが、それでも合わないものは合わない、うまくいかないものはうまくいきません。

思い切って環境を変えることによって自分にプラスになることはよくあります。

ただし、それはあくまで今の環境に適応する努力をした後の話です。

入社直後に「何となく合わない」と思っていきなり辞めるのは危険です。

最低でも半年から1年程度は頑張ってみる必要はあります。

それでもダメな時は「転職」という選択肢を取ることをお勧めします。

無料転職カウンセリング
ブラック企業を徹底排除!厳しい基準で企業を審査する為、入社後の定着率は93%以上!
未経験、第二新卒、既卒、フリーター、無職の方向けの転職サポート

↓ここから無料相談できます

公式サイト: ブラック企業を徹底排除!|無料転職相談・カウンセリングのウズキャリIT【UZUZ IT】