テレワークでパソコンを支給せず私物を使わせる会社はやばすぎる理由

テレワークでパソコンを支給せず私物を使わせる会社はやばすぎる理由

ここ数年でテレワーク(在宅ワーク)という働き方が一気に広まりました。

テレワークを行う上で重要なのが「使用するパソコンをどうするか」です。

普通の会社であれば、会社がパソコンを従業員に支給し、それを使って業務を行わせます。

しかし、中には会社が支給せずに私物のパソコンを使って業務をするよう指示する会社も存在します。

はっきり言いますが、私物のPCを業務に使わせる会社はかなりやばい会社です。

今回は、テレワークでパソコンを支給、貸与せずに私物を使わせる会社がやばすぎる理由について解説します。


パソコンを支給しない会社がやばすぎる理由

パソコンを用意して従業員に支給する会社が多いですが、それをせずに私物を使わせるような会社も一定数存在します。

テレワークが広まり始めてすぐの頃であれば、急にテレワークをする従業員全員分のPCを用意できないのは仕方の無い面もありました。

しかし、既にこの在宅ワークという働き方が広まってから数年も経っています。

にもかかわらず、未だに私物を使わせる会社ははっきり言ってやばい会社です。

理由としては「業務に必要な経費をケチっている」「セキュリティ意識が皆無」などが挙げられます。

それでは詳しく解説します。


関連記事:テレワークでサボるのは危険!憂鬱の原因になる




スポンサーリンク


業務に必要な経費をケチっている

まず、従業員にパソコンを支給せずに私物を使わせるということは、業務に必要な経費をケチっていると言えます。

確かに、テレワークが普及し始めて間もない頃であれば急に大量のPCや周辺機器を購入するコストやソフトを入れたり環境を整える手間がかかる為、大変な面もありました。

しかし、既に在宅ワークが広まってから数年も経っており、準備する時間は十分にあったはずです。

にもかかわらず、PCを支給せずに未だに私物を使わせているのであれば、それは必要な経費をケチっているだけだと言えます。


セキュリティ意識が皆無

従業員の私物PCを業務に使用させるという行為は、セキュリティ面で大きな問題があります。

私物PCにはどんなソフトウェアが入っているか分かりませんし、既にウイルス等に感染している可能性もあります。

また、あくまで私物である為、使用方法や入れるソフトの制限などの管理や命令を会社側が出しにくいというデメリットもあります。

結果として、情報の流出などの事故に繋がる可能性が高いです。

この様に、会社がパソコンを支給せずに私物を使わせる会社は、セキュリティ意識が皆無であるのもやばすぎる理由の一つです。




合わせて読みたい

コンプライアンス意識もおかしい可能性が高い

これはあくまで筆者の経験による意見ですが、セキュリティ意識が薄くガバガバな会社は、同時にコンプライアンスの面でも意識が低い傾向にあります。

社員にパソコンを支給せずに私物を業務に使わせるという行為も、まさにコンプライアンスの面で問題があります。

また、私物PCを使う事自体は百歩譲ってまだいいとして、PCを持っていない社員に対し、業務で使うという理由で自腹で新たに購入させるのであれば、それは本来会社が負担するべきところを従業員に負担させるやばい会社だと言えます。


関連記事:「アットホームな職場です」がブラック企業である理由!

最後に

今回は、テレワークでパソコンを支給せずに私物を使わせる会社がやばすぎる理由について解説しました。

まともな会社であれば、セキュリティ面もしっかり整えたパソコンを会社が用意して支給します。

そうせずに、従業員の私物を使って業務を行わせるのは、セキュリティ意識やコンプライアンス意識が低い会社です。

そんな事をするのは、業務を遂行するのに必要な経費を払いたくないというケチな理由であることがほとんどです。

そんな会社に長く勤めても良い事はありません、早めに脱出することをお勧めします。


スポンサーリンク