定時帰りに理由が必要な会社はさっさと辞めるべきブラック企業だ

定時帰りに理由が必要な会社はさっさと辞めるべきブラック企業だ

残業が当たり前になっているような職場だと、定時で帰るのに理由を聞かれる場合があります。

本来、定時は仕事が終わる終業時間であって、そのタイミングで帰るのに理由なんて必要ありません。

にも関わらず理由をしつこく聞いてくる人間がいたり、特別な用事が無いと定時で帰れないような職場は、そもそも価値観がおかしなブラック企業です。

そんな会社で働き続けても、人生の大切な時間を無駄にするだけだと言えます。

今回は、定時帰りに理由が必要な会社は、さっさと退職するべきブラック企業である理由について解説します。


定時帰りに理由が必要な会社はブラック企業

先にも書きましたが、普通であれば定時で帰ることに理由なんか必要ありませんし、「定時だから」帰るに決まっています。

しかし、ブラック企業では「何でもう帰るんだ?」「何か用事でもあるのか?」と理由をしつこく詮索してきたり、理由によっては定時帰りを拒否されることがあります。

繁忙期だからその時期はどうしても残業が発生してしまうなら仕方ありませんが、それが慢性化しているならただのブラック企業です。

ここでは、定時に帰ると理由を聞かれる会社がブラックである理由を詳しく解説します。


関連記事:定時で帰るのは当たり前!何も悪くない理由




スポンサーリンク


そもそも理由なんて必要が無い

定時で帰るのに理由を求めること自体間違っています。

終業時間に帰宅するのは当たり前であって、それに対して理由を尋ねてくるのははっきり言っておかしな行為です。

それは、休日に「何で休むんだ?」と聞いてくるようなものです。


そんな意味不明な事をしてくる人間がいたり、そうやって理由を聞くのが当たり前になっている会社は異常ですし、労働環境が悪い会社だと言えます。


残業が当たり前になっている

定時帰りする人間に理由をわざわざ聞いてくるような職場は、残業することが当然になっている会社だと考えられます。

残業がほとんど無く、定時で帰るのが普通な会社であれば、そもそも定時帰りする理由を聞く事なんてありません。

このように、残業が慢性化している会社である可能性が高いのもブラック企業である理由の一つです。


関連記事:定時後の会議が常習化している会社は退職すべきブラック企業



合わせて読みたい

長時間労働が評価される古い価値観

定時で帰るのに特別な理由が必要な会社では、未だに長時間労働が評価される古い価値観が残り続けている可能性があります。

「長時間残業している=努力している」「定時で帰る=怠けている、やる気が無い」などといった滅茶苦茶な評価をする為、定時で帰ることが非常識だという認識があったりします。

ですので、定時帰りする人間にわざわざ理由を尋ね、その理由が納得できないものだと「やる気のない人間だ」と低評価する気なのかもしれません。


普通はむしろ残業に理由が必要

今の時代、過剰な労働やコスト削減の為、残業をするなら事前に申請が必要な会社が多いです。

当然ですが、残業をする理由を尋ねられます。

この様に、「残業をする事」に対して理由を尋ねるのが普通の会社であって、定時帰りするのに理由を尋ねるのは非常識な会社です。

そんな会社は労働時間や無駄なコストを減らす事なんて考えておらず、付き合いで残業をしたり無駄な根性論が蔓延っていると考えられます。

これも、定時帰りに理由が必要な会社がブラック企業である理由の一つです。


最後に

今回は、定時帰りに理由が必要な会社はさっさと辞めるべきブラック企業である理由について解説しました。

定時で帰る理由なんて「定時だから」に決まっています。

他に特別な理由が無ければ定時に帰れないほど残業が慢性化しているなら、それはただのブラック企業です。

そんな会社に長く勤めるなんて不可能ですし、心身ともに辛くなっていく一方です。

そのようなブラック企業からは早めに脱出する事をお勧めします。


スポンサーリンク