有給休暇中に電話をしてくる上司は異常!無視してもいい理由

有給休暇中に電話をしてくる上司は異常!無視してもいい理由

世の中には、有給休暇を取得している人間に対して、急ぎの用事があるわけでもないのに電話をしてくる管理職の人間が存在します。

また、そのような上司に悩まされている方は多いのではないでしょうか?

有給を取って休んでいるのに職場の人間から連絡が来るとせっかくの休日が台無しになってしまいますし、とても嫌な気持ちになるでしょう。

はっきり言いますが、有給休暇中の部下にちょっとしたことで電話をしてくる上司は異常です。

そんな人間からの連絡は無視してもいいですし、むしろ中途半端に対応するとどんどん悪化していく可能性があります。

今回は、有給休暇中に電話してくる上司が異常であり、無視してもいい理由について解説します。


有給休暇中にくる上司からの電話を無視していい理由

有給で休んでいる部下に対し、わざわざ電話をかけてくる上司は異常です。

余程の緊急事態の場合は別ですが、ちょっとした用件で休みの人間に連絡をするのは間違っていますし、そんな事をする上司は「有給休暇中でも電話くらいできるだろ」といったように、部下の休暇を軽んじていることが多いです。

そのような上司からかかってきた休暇中の電話は無視しても問題はありません。

ここではその理由を具体的に解説します。


関連記事:有給を使い切るのは非常識ではない!非難する方がおかしい理由!




スポンサーリンク


そもそも対応する義務は無い

そもそも、有給休暇中に上司から電話がかかってきたとしても、それに対応しなければならない義務はありません。

上司からかかってきた仕事関係の電話に対応する行為は「労働」にカウントされます。

有給休暇はあくまで「休暇」であり、「労働」をする義務はないので、当然ですが電話をしてくる上司に付き合う義務もありません。

これが有給休暇中に上司からかかってきた電話を無視していい理由の一つです。


配慮が無さすぎる

「有給」で給料が出ているとはいえ休暇は休暇です。

有給を取得した部下はプライベートの用事があって忙しいかもしれませんし、仕事から離れてゆっくりリラックスしているかもしれません。

そんな部下に対して、どうでもいい用件でわざわざ電話をしてくる上司は配慮が無さすぎると言えます。

何も配慮をしない上司の為にせっかくの有給を台無しにするのはあまりにも勿体ないので、いちいち電話に対応せず無視してもいいと言えます。


関連記事:有給休暇を取得したのに出勤命令が出る会社は辞めるべきブラック企業

お知らせ

Amazon Kindleにて電子書籍「社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口: こうしてみんな壊されていく」を出版しました。
本書では、「うちの会社ってもしかしてブラック企業?」「上司から洗脳されているのかもしれない」と疑問を持っている方に向けて、ブラック企業が行う洗脳の具体例を解説しています。

Kindle Unlimitedに加入されている方なら無料でお読みいただけます。


社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口: こうしてみんな壊されていく

一度対応するとどんどんエスカレートする

有給休暇中にかかってきた上司からの電話に一度対応してしまうと、上司はどんどんつけあがっていく可能性が高いです。

上司の頭の中に「前回電話した時は大人しく対応してくれた」という記憶が残ってしまうので、次に有給を取った時も何か用事があれば電話してくるようになります。

また、「休みの人間に電話をするハードル」がどんどん下がるので、最終的にはどうでもいい些細な事でも電話してくるなんてことになりかねません。

これも、休暇中にかかってきた上司からの電話は無視した方がいい理由の一つです。


電子書籍を出版しました!
この度、Kindleにて電子書籍を出版しました。

日々、理不尽なパワハラ上司から叱られ続け、「自分はダメな人間なんだ…」と自分を責めてしまっている方に向けた書籍であり、「悪いのは自分ではなく上司の方だ」と認識出来るような内容になっています。

Kindle Unlimitedに加入されている方なら無料でお読みいただけます。



部下を潰す自分勝手な上司たち: パワハラをするクズ上司からの洗脳を解き、自尊心を守る



部下を潰す自分勝手な上司たち: パワハラをするクズ上司からの洗脳を解き、自尊心を守る

無視した事を理由に低評価されるなら辞めた方がいい

もし、有給休暇中にかかってきた電話を無視したことを理由に評価を下げられたり、対応しなかったことが問題だと責められるようであれば、そんな会社はさっさと辞めるべきです。

先にも書きましたが、休暇中に電話をしてくる上司の相手をする義務はありません。

にもかかわらず、それを理由に低評価したり責めたりするようであれば、それは明らかに会社や上司が異常です。

そんな環境で我慢して働いても自分の権利を侵害され続けるだけなので、もしそんな事をされたら見切りを付けて辞めた方がいいと言えます。


関連記事:有給を使うと評価が下がる会社はろくでもないブラック企業である理由

最後に

今回は、有給休暇中に電話をしてくる上司が異常であり、無視してもいい(無視した方が良い)理由について解説しました。

はっきり言って、休暇中の部下に対していちいち連絡をしてくる上司は異常ですし、休暇中にかかってきた電話に対応しなければならない義務はありません。

また、一度我慢して対応してしまうと、つけあがってどんどんエスカレートしていく可能性があります。

中途半端に対応して労働環境が悪くなるよりは、「休暇中に電話対応はしない」という強い意志を示した方がいいと言えます。


スポンサーリンク


この記事を書いた人

社畜シンド

大学卒業後、大企業から中小零細企業まで様々な規模のブラック企業にて合計約10年勤務。 過去の経験を活かし、ブラック企業やパワハラに悩んでいる方に向けて当ブログ及びツイッターで情報発信を行う。 ツイッターのフォロワー数1万人以上。 Amazon kindleにて電子書籍「部下を潰す自分勝手な上司たち」「社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口」を出版。


無料転職サポート
ブラック企業を徹底排除!厳しい基準で企業を審査する為、入社後の定着率は97%以上!
未経験、第二新卒、既卒、フリーター、無職の方向けの転職サポート

↓ここから無料登録できます

公式サイト:ブラック企業を徹底排除!|無料転職相談・サポートのウズカレIT【UZUZ IT】