ブラック企業での社会人2年目あるあるまとめ!

ブラック企業での社会人2年目あるあるまとめ!

新卒で入った会社に丸1年勤め、2年目に突入すると様々な辛い事が待ち受けています。

普通の会社であっても2年目は苦労することが多いですが、ブラック企業であれば尚更です。

1年目よりも更に過酷な働き方を要求されたり、かといって給料は変わらないどころか逆に手取りが少なくなったりと散々な目に遭うことが考えられます。

今回は、ブラック企業での社会人2年目あるあるをまとめてご紹介します。


ブラック企業での2年目あるある

ブラック企業に新卒で入って2年目に突入すると、今までよりも理不尽な事をされる可能性が高いです。

「名ばかり管理職にされて手取りが減る」「もう2年目なんだからと無茶な仕事を押し付けられる」といったことがよくあります。

ここでは、そんなブラック企業での社会人2年目あるあるをいくつか解説します。


関連記事:名ばかり正社員の特徴とは?福利厚生が無い正規雇用もどきに要注意




スポンサーリンク


名ばかり管理職にされて手取りが減る

ブラック企業に入社してから丸1年が経過し、2年目に突入すると名ばかり管理職にされて手取りが減るなんてことがよくあります。

「サブ○○」「○○補佐」といったように、謎の役職を付けられ、管理職だからといった理由で残業代が付かなくなります。

しかも、あくまで名ばかり管理職である為、何の裁量も権限もなく当然部下もいません。

また、残業代が付かなくなる上に、住民税の支払いが開始されるので手取りが更に少なくなっていきます。

これがブラック企業での社会人2年目あるあるの一つです。



もう2年目なんだからと無茶な仕事を押し付けられる

上司から「もう2年目なんだから」と言われ、無理な仕事を押し付けられるのも社会人2年目あるあるです。

普通の会社なら少しずつ段階を踏んで仕事の難易度を上げたり、量を増やすように調整します。

しかし、ブラック企業では2年目になった瞬間に一気に難易度や量が増えていくことがあります。

場合によっては中堅社員並みの成果を求められることもあり、給料を考えると全然割に合わない状況になります。


関連記事:平社員にしつこく責任追及をする企業は社員を潰すブラック企業

お知らせ

Amazon Kindleにて電子書籍「社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口: こうしてみんな壊されていく」を出版しました。
本書では、「うちの会社ってもしかしてブラック企業?」「上司から洗脳されているのかもしれない」と疑問を持っている方に向けて、ブラック企業が行う洗脳の具体例を解説しています。

Kindle Unlimitedに加入されている方なら無料でお読みいただけます。


社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口: こうしてみんな壊されていく

同期がほとんどいなくなる

ブラック企業では、そもそも1年間辞めずに耐え続けられる人はほとんどおらず、2年目になったら同期のほとんどが退職していたなんて事がよくあります。

「残っているのは自分だけだった」なんてことになると、同期に分散されていた負担が自分一人に集中することも考えられます。


電子書籍を出版しました!
この度、Kindleにて電子書籍を出版しました。

日々、理不尽なパワハラ上司から叱られ続け、「自分はダメな人間なんだ…」と自分を責めてしまっている方に向けた書籍であり、「悪いのは自分ではなく上司の方だ」と認識出来るような内容になっています。

Kindle Unlimitedに加入されている方なら無料でお読みいただけます。



部下を潰す自分勝手な上司たち: パワハラをするクズ上司からの洗脳を解き、自尊心を守る



部下を潰す自分勝手な上司たち: パワハラをするクズ上司からの洗脳を解き、自尊心を守る

都合の悪い時だけ新人扱いされる

普段は「もう2年目なんだから」と無理難題を押し付けてくるのに、都合の悪い時だけ新人扱いをされるのもブラック企業の2年目あるあるです。

やたらとキツいノルマや納期を要求するのに、給料だけは「まだ新人と能力的に大差ないから」といった理由で全然上がっていきません。

また、様々な場面で発生する雑用に関しても、「若手だから」と言われ押し付けられます。

この様に、業務に関してのみ「もう2年目だろ?」と一人前扱いで大きな成果を求めるのに、都合の悪い時だけ新人・若手扱いをするのがブラック企業です。


関連記事:【若手社会人向け】20代~30代前半におすすめの転職サイト

最後に

今回は、ブラック企業での社会人2年目あるあるをまとめてご紹介しました。

基本的に、ブラック企業では1年目よりも業務的な負担が一気に増えることになります。

その癖、給料に関してはほとんど増えないか、名ばかり管理職にされてむしろ減るなんて事もよくあります。

結局、ブラック企業で何年耐えても楽になるどころか逆に辛くなっていく一方です。

このような会社に勤めているのであれば、早めに転職することをお勧めします。


スポンサーリンク


この記事を書いた人

社畜シンド

大学卒業後、大企業から中小零細企業まで様々な規模のブラック企業にて合計約10年勤務。 過去の経験を活かし、ブラック企業やパワハラに悩んでいる方に向けて当ブログ及びツイッターで情報発信を行う。 ツイッターのフォロワー数1万人以上。 Amazon kindleにて電子書籍「部下を潰す自分勝手な上司たち」「社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口」を出版。


無料転職サポート
ブラック企業を徹底排除!厳しい基準で企業を審査する為、入社後の定着率は97%以上!
未経験、第二新卒、既卒、フリーター、無職の方向けの転職サポート

↓ここから無料登録できます

公式サイト:ブラック企業を徹底排除!|無料転職相談・サポートのウズカレIT【UZUZ IT】