「残業するな!成果出せ!仕事は終わらせろ」という要求は上司によるパワハラだ

「残業するな!成果出せ!仕事は終わらせろ」という要求は上司によるパワハラだ

近年、働き方改革などによって残業時間を減らそうと様々な取り組みをする企業が増えています。

それだけなら労働者にとって喜ばしい事ですが、中にはそのせいで無理難題を押し付けられている人も存在します。

上司(会社)から、残業時間を減らすように言われ、その上仕事量はそのままで成果をしっかり出す事を要求される場合がそれに当たります。

この様に、「残業するな!」と言いつつ、「でも仕事量は減らさないしちゃんと終わらせろ」「成果をしっかり出せ!」といった滅茶苦茶な要求は上司によるパワハラです。

今回はその理由を解説します。


「残業するな、成果出せ、仕事は終わらせろ」がパワハラな理由

「残業するな、定時で帰れ」と言うのであれば、それに応じて仕事量を減らすか、効率化する方法を考えるのが上司(会社)の役割です。

そうではなく、ただ「残業するな」とだけ言い、同時に「今まで通りの成果を出せ」「仕事は必ず終わらせろ」と要求するのは、部下に対して無茶ぶりをしているだけだと言えます。

はっきり言って、そんなのは過大な要求であり上司によるパワハラです。

それでは「残業するな」と「成果出せ」「仕事は終わらせろ」をセットで要求する上司の行為がパワハラである理由を具体的に解説します。


関連記事:残業禁止は逆にキツい!社員にとっての意外なデメリット




スポンサーリンク


残業せずに済む方法を考えるのは上司の仕事

まず、残業を減らし、定時で帰る方法を考えるのは上司や会社の仕事です。

仕事を効率化する施策を打ったり、様々な投資をするのは会社側の人間でなければできない事です。

そういった残業を減らす仕組みを何も考えず、ただ「残業するな!」と部下に言うだけなら、それは上司(会社)の仕事や考えるべき事を全て部下に丸投げしているだけだと言えます。

これが、「残業するな、成果出せ、仕事は終わらせろ」というのは上司の無茶ぶり・パワハラである理由の一つです。


物理的に無理なものは無理である

そもそも、あまりにも仕事量が多すぎる場合、いくら効率化しても定時内で仕事を終わらせることは不可能です。

その場合、残業をしないようにするには仕事量を減らすか人を増やすしかありません。

そのような事を何もせずに、ただ「残業をするな」と言われても何の解決にもなりませんし、無理なものは無理なんです。

このように、物理的に不可能な要求をしている場合があるのも、「残業するな」「でも仕事は終わらせろ」というのが上司によるパワハラである理由の一つです。


関連記事:「時間は作るもの」だと言って部下に大量に仕事を押し付けるのはダメ上司

お知らせ

Amazon Kindleにて電子書籍「社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口: こうしてみんな壊されていく」を出版しました。
本書では、「うちの会社ってもしかしてブラック企業?」「上司から洗脳されているのかもしれない」と疑問を持っている方に向けて、ブラック企業が行う洗脳の具体例を解説しています。

Kindle Unlimitedに加入されている方なら無料でお読みいただけます。


社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口: こうしてみんな壊されていく

うまくいっても更に仕事を増やされる

「残業するな!成果出せ!仕事は終わらせろ」などといった滅茶苦茶な要求をしてくる上司は、仮にうまくいっても更に過酷な要求をしてくる場合があります。

部下が無理をして何とか定時内に仕事を終わらせているにもかかわらず、そのような努力を無視して「うまくいっているからもっと仕事量を増やそう」「ノルマを上げても何とかなるだろ」とどんどん要求がエスカレートしていきます。


電子書籍を出版しました!
この度、Kindleにて電子書籍を出版しました。

日々、理不尽なパワハラ上司から叱られ続け、「自分はダメな人間なんだ…」と自分を責めてしまっている方に向けた書籍であり、「悪いのは自分ではなく上司の方だ」と認識出来るような内容になっています。

Kindle Unlimitedに加入されている方なら無料でお読みいただけます。



部下を潰す自分勝手な上司たち: パワハラをするクズ上司からの洗脳を解き、自尊心を守る



部下を潰す自分勝手な上司たち: パワハラをするクズ上司からの洗脳を解き、自尊心を守る

最後に

今回は、「残業するな!成果出せ!仕事は終わらせろ」と上司が要求してくるのはパワハラである理由を解説しました。

本来、残業を減らす方法を考えたり施策を打つのは上司や会社の仕事です。

ただ「残業するな!」とだけ言い、その具体的な方法を考えるのを部下に丸投げするなら、上司がいる意味がありません。

そもそも、いくら頑張っても仕事量が多過ぎるなら残業せずに定時内に終わらせるのは物理的に不可能ですし、そんな過大な要求をしてくるのはパワハラ以外の何者でもありません。

このように、あまりにも滅茶苦茶な要求をされているのであれば、異動や転職といった手段で早めにその環境から離れる事をお勧めします。


スポンサーリンク


この記事を書いた人

社畜シンド

大学卒業後、大企業から中小零細企業まで様々な規模のブラック企業にて合計約10年勤務。 過去の経験を活かし、ブラック企業やパワハラに悩んでいる方に向けて当ブログ及びツイッターで情報発信を行う。 ツイッターのフォロワー数1万人以上。 Amazon kindleにて電子書籍「部下を潰す自分勝手な上司たち」「社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口」を出版。


無料転職サポート
ブラック企業を徹底排除!厳しい基準で企業を審査する為、入社後の定着率は97%以上!
未経験、第二新卒、既卒、フリーター、無職の方向けの転職サポート

↓ここから無料登録できます

公式サイト:ブラック企業を徹底排除!|無料転職相談・サポートのウズカレIT【UZUZ IT】