ガスライティングが横行している職場はさっさと辞めるべき最悪な会社

ガスライティングが横行している職場はさっさと辞めるべき最悪な会社

ガスライティング」という言葉をご存知でしょうか?

これは、相手に対してわざと誤った情報を与え、自分自身の認識や記憶に疑問を持たせるように仕向ける行為を指します。

簡単に言うと、精神的な嫌がらせのようなものです。

例えば、上司が部下に対して何も指示を出していないのに、「昨日指示したあの仕事はどうなっている?」と問い詰めることによって、部下に「上司からの指示を忘れてしまった」と思い込ませるような行為がこれに当たります。

このようなガスライティングをされると、精神的にどんどんおかしくなってしまいます。

今回は、ガスライティングが横行している職場はさっさと辞めるべき最悪な会社であることについて解説します。


ガスライティングが横行している会社を辞めるべき理由

ガスライティングは真実を捻じ曲げて相手のことを責め立てたり、精神的に追い込むろくでもない行為です。

はっきり言いますが、このような事が日常的に行われている会社はさっさと辞めるべき最悪な会社です。

理由としては「どんどん自信が無くなっていく」「露骨なパワハラよりも悪質な行為である」などが挙げられます。

ここではその理由を詳しく解説します。


関連記事:仕事でのダブルバインドとは?事例を解説




スポンサーリンク


どんどん自信が無くなっていく

ガスライティングが横行している職場で働き続けると、どんどん自信が無くなっていきます。

そのような職場では、上司から指示されていない事を指示したと言われたり、頼まれた仕事をしたのに「そんな事は頼んでいない」「何勝手な事をやっているんだ」などと言って責められることがあります。

何度もそんな事をされると「自分は指示を忘れるor正確に理解できないダメな人間だ」と思い込んでしまい、仕事に対する自信が失われていきます。

また、精神的なダメージにより体調を崩してしまうかもしれません。

そんな職場はすぐに離れるべき最悪な職場だと言えます。


「使えない人間」に仕立て上げられる

上司や先輩、同僚からガスライティングをされると、「仕事のできない使えない人間」に仕立て上げられてしまいます。

実際は何も指示をされていないのに、「あいつは指示された事を忘れるダメな奴だ」などといった噂を広められたり、ミスをでっち上げられて会社からの評価を意図的に下げられたりと、とにかくダメな印象やレッテルを貼られます。

結果として、昇給や昇格に悪影響が出たり会社に居にくくなるなど、実害が発生するのでそんな職場はさっさと辞めた方がいいと言えます。


関連記事:「仕事ができない」と評価されるのはパワハラ上司のせいである可能性あり

お知らせ

Amazon Kindleにて電子書籍「社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口: こうしてみんな壊されていく」を出版しました。
本書では、「うちの会社ってもしかしてブラック企業?」「上司から洗脳されているのかもしれない」と疑問を持っている方に向けて、ブラック企業が行う洗脳の具体例を解説しています。

Kindle Unlimitedに加入されている方なら無料でお読みいただけます。


社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口: こうしてみんな壊されていく

露骨なパワハラよりも悪質な行為である

ガスライティングという悪質で陰湿な行為は、ある意味では露骨なパワハラよりもたちの悪い行為です。

大きな声で罵声を浴びせたり、大勢の前で怒鳴りつけたりといった露骨なパワハラは、周囲の人間からすると明らかにパワハラをする人間が悪いとはっきり分かります。

逆に、陰湿なガスライティングはターゲットにされている被害者に非があるように見える為、周囲の人間すら敵になる可能性があります。

そんな事が職場内で横行しているなら、それはさっさと辞めるべき最悪な会社だと言えます。


電子書籍を出版しました!
この度、Kindleにて電子書籍を出版しました。

日々、理不尽なパワハラ上司から叱られ続け、「自分はダメな人間なんだ…」と自分を責めてしまっている方に向けた書籍であり、「悪いのは自分ではなく上司の方だ」と認識出来るような内容になっています。

Kindle Unlimitedに加入されている方なら無料でお読みいただけます。



部下を潰す自分勝手な上司たち: パワハラをするクズ上司からの洗脳を解き、自尊心を守る



部下を潰す自分勝手な上司たち: パワハラをするクズ上司からの洗脳を解き、自尊心を守る

最後に

今回は、ガスライティングが横行している職場はさっさと辞めるべき最悪な会社である理由を解説しました。

ガスライティングが日常的に行われている職場では、どんどん自分に自信が無くなっていき、最悪の場合は体調を崩してしまう可能性があります。

また、露骨なパワハラと違いどちらが悪いのかはっきりせず、下手をすると被害者が悪者にされてしまいます。

そんな事が当たり前のように起こる職場で我慢して働き続けてもろくなことになりません。

タイミングを見て脱出することをお勧めします。


スポンサーリンク


この記事を書いた人

社畜シンド

大学卒業後、大企業から中小零細企業まで様々な規模のブラック企業にて合計約10年勤務。 過去の経験を活かし、ブラック企業やパワハラに悩んでいる方に向けて当ブログ及びツイッターで情報発信を行う。 ツイッターのフォロワー数1万人以上。 Amazon kindleにて電子書籍「部下を潰す自分勝手な上司たち」「社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口」を出版。


無料転職サポート
ブラック企業を徹底排除!厳しい基準で企業を審査する為、入社後の定着率は97%以上!
未経験、第二新卒、既卒、フリーター、無職の方向けの転職サポート

↓ここから無料登録できます

公式サイト:ブラック企業を徹底排除!|無料転職相談・サポートのウズカレIT【UZUZ IT】