能力不足を理由にサービス残業をさせる会社はブラック企業だ

能力不足を理由にサービス残業をさせる会社はブラック企業だ

新卒や未経験で入社した新入社員に対して、「お前の能力不足が原因で残業をするのに残業代を貰う気か?」「残業代を貰う程会社に貢献しているの?」と言って残業代の支払いを渋る会社が存在します。

また、あからさまに残業代の支払いを拒否はしないものの、「新人が残業代を貰おうとするのは非常識」といった雰囲気が漂っている事が原因で、自主的に残業代を貰わないように仕向ける場合もあります。

何にせよ、残業をさせているのに残業代を払わない会社はろくな会社ではありません。

今回は、新人や未経験者、若手社員に対して能力不足を理由にサービス残業をさせる会社がブラック企業である理由を解説します。


能力不足を理由にサービス残業をさせる会社がブラック企業である理由

「仕事ができない、遅いんだからサービス残業をするのが当たり前」などといったことが言われたり、そのような雰囲気が漂っている会社はブラック企業です。

理由としては、「どんな理由であれサービス残業の強要はNG」「定時内で終わるよう業務量の調整をするのは上司(会社)の仕事」などが挙げられます。

ここでは、能力不足だからといってサービス残業をさせる会社がブラック企業であることについて具体的に解説します。


関連記事:「みんな残業してるのに帰るの?」と言われる職場はブラック企業だ




スポンサーリンク


どんな理由であれサービス残業の強要はNG

そもそも、どんな理由があったとしてもサービス残業を強要するのはNGです。

時間外労働をさせたならその分の残業代を支払うのは会社として当たり前のことですし、仮に社員の能力不足が原因で定時内に仕事が終わらなかったとしても、それを理由にただ働きさせていいはずがありません。

働いた分の給料を支払わず、適当な理由を付けてサービス残業を正当化するような会社はただのブラック企業だと言えます。


関連記事:残業代が出ないなら残業する必要は無い、定時でさっさと帰るべき理由

定時内で終わるよう業務量の調整をするのは上司(会社)の仕事

新人の能力不足で残業をすることになったとしても、その責任が全て本人にある訳ではありません。

むしろ、そうなってしまった責任は会社や上司の方にあります。

部下の能力に応じて適切に仕事を割り振るのは、管理職である上司の役割です。

新人に能力以上の難易度の仕事を割り振ってしまい、結果として残業をすることになったのであれば、それは上司に非があります。

にもかかわらず、「お前の能力不足で残業をするんだから残業代は出さない」などといってサービス残業をさせるのは、新人に責任転嫁しているに過ぎません。


お知らせ

Amazon Kindleにて電子書籍「社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口: こうしてみんな壊されていく」を出版しました。
本書では、「うちの会社ってもしかしてブラック企業?」「上司から洗脳されているのかもしれない」と疑問を持っている方に向けて、ブラック企業が行う洗脳の具体例を解説しています。

Kindle Unlimitedに加入されている方なら無料でお読みいただけます。


社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口: こうしてみんな壊されていく

その気になればいくらでもサービス残業をさせる事ができてしまう

「能力不足だから残業代は払わない」といった主張が認められるのであれば、会社がその気になればいくらでもサービス残業をさせることができてしまいます。

そんな主張がまかり通るなら、難易度の高いどう頑張っても定時内に終わらない仕事を押し付けるだけで、残業が発生しても「お前の能力不足」といっておけば無給で働かせていいことになります。

そんな滅茶苦茶な事を当たり前のように語る会社はただのブラック企業だと言えます。


関連記事:残業前提の仕事量の会社は辞めるべきおかしい会社である理由

電子書籍を出版しました!
この度、Kindleにて電子書籍を出版しました。

日々、理不尽なパワハラ上司から叱られ続け、「自分はダメな人間なんだ…」と自分を責めてしまっている方に向けた書籍であり、「悪いのは自分ではなく上司の方だ」と認識出来るような内容になっています。

Kindle Unlimitedに加入されている方なら無料でお読みいただけます。



部下を潰す自分勝手な上司たち: パワハラをするクズ上司からの洗脳を解き、自尊心を守る



部下を潰す自分勝手な上司たち: パワハラをするクズ上司からの洗脳を解き、自尊心を守る

最後に

今回は、本人の能力不足を理由に残業代の支払いを拒んだり、自主的にサービス残業をするよう仕向ける会社はブラック企業である理由を解説しました。

どんな理由(原因)があるにせよ、会社の指示で残業をさせたり指示は出していなかったとしてもやらざるを得ない状態に追い込み実質的に強制しているのであれば、残業代を支払うのは当然です。

能力不足だの何だのと言って、サービス残業を肯定する会社はブラック企業です。

そんな会社からは早めに脱出することをお勧めします。


スポンサーリンク


この記事を書いた人

社畜シンド

大学卒業後、大企業から中小零細企業まで様々な規模のブラック企業にて合計約10年勤務。 過去の経験を活かし、ブラック企業やパワハラに悩んでいる方に向けて当ブログ及びツイッターで情報発信を行う。 ツイッターのフォロワー数1万人以上。 Amazon kindleにて電子書籍「部下を潰す自分勝手な上司たち」「社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口」を出版。


無料転職サポート
ブラック企業を徹底排除!厳しい基準で企業を審査する為、入社後の定着率は97%以上!
未経験、第二新卒、既卒、フリーター、無職の方向けの転職サポート

↓ここから無料登録できます

公式サイト:ブラック企業を徹底排除!|無料転職相談・サポートのウズカレIT【UZUZ IT】