新人を育てる気がない会社の特徴解説!当てはまるなら早めに脱出すべき

新人を育てる気がない会社の特徴解説!当てはまるなら早めに脱出すべき

所謂ブラック企業と呼ばれる会社は、新卒や未経験者を採用してもろくに育てる事をせず、安い給料で使い捨てにすることが非常に多いです。

そのような会社は、そもそも人を育てる気が全く無いため、間違って入社してしまったらとても辛い思いをすることになります。

はっきり言いますが、そんな会社で我慢して働き続けても精神的に大きなダメージを負うだけなので、早めに退職するべきだと言えます。

今回は、新人を育てる気が全くない会社の特徴を解説します。

ここでご紹介する特徴に当てはまる会社に入ってしまったら、潰される前に脱出することをお勧めします。


新人を育てる気がない会社の特徴

新卒や未経験の新人を採用した癖に、最初からまともに育てる気がない会社には様々な特徴があります。

例としては「「OJT」という名の放置をする」「入社直後から無茶な要求をする」などが挙げられます。

ここでは、そんな会社の特徴を詳しく解説します。


関連記事:仕事を教えてもらえないのは当たり前じゃない!そんな職場はブラック企業だ




スポンサーリンク


「OJT」という名の放置をする

まず、新人を育てる気がない会社は「OJT」という名の放置をすることがとても多いです。

そのような会社は、事前に何も研修をしていない状態でいきなり「OJT」と称して新人を現場に放り込みます。

また、「OJT」とは名ばかりでろくに育成計画を立てているわけではないので、何も教えられず「自分で仕事を探せ」と言われて放置されるか、教えられていない仕事を適当に丸投げされるかのどちらかになることがほとんどです。

これが新人を育てる気がない会社の特徴の一つです。


関連記事:新人を放置するのはパワハラ!そんな職場は辞めるべきブラック企業である理由

とにかく当たりが強い

新人を育てる気がさらさらない会社の特徴として、新人に対しての当たりがとにかく強いことが挙げられます。

分からないことがあっても質問をする事すら許されず、「それくらい自分で調べろ!」と突き放されたり、「なんでそんな事もできないんだ!」と叱責されたりします。

挙句の果てに、そんな事ばかりする上司や先輩社員は「社会は厳しいものだ」と開き直り、無駄に厳しくしている事を正当化しようとします。

結局のところ、この手の職場は「新人を育てる」という意識が無く、「厳しくしておけば勝手に育つ」と思い込んでいることがほとんどです。


お知らせ

Amazon Kindleにて電子書籍「社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口: こうしてみんな壊されていく」を出版しました。
本書では、「うちの会社ってもしかしてブラック企業?」「上司から洗脳されているのかもしれない」と疑問を持っている方に向けて、ブラック企業が行う洗脳の具体例を解説しています。

Kindle Unlimitedに加入されている方なら無料でお読みいただけます。


社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口: こうしてみんな壊されていく

業務後や休日の「自己学習」が研修の代わり

新人を育てる気がない会社は、仕事に関する知識や技術を教える事は一切せず、「社会人なんだから自分で勉強するのは当たり前」と言い張り、業務後や休日に自主的に勉強をさせようとします。

普通の会社でも自己学習を推奨することがありますが、それは業務時間内に研修を行ったうえでプラスアルファとしてです。

そうではなく、人を育てる気がない会社は研修をせずに自己学習で全てを補わせるので、同じ「自己学習」でも大きな違いがあります。


電子書籍を出版しました!
この度、Kindleにて電子書籍を出版しました。

日々、理不尽なパワハラ上司から叱られ続け、「自分はダメな人間なんだ…」と自分を責めてしまっている方に向けた書籍であり、「悪いのは自分ではなく上司の方だ」と認識出来るような内容になっています。

Kindle Unlimitedに加入されている方なら無料でお読みいただけます。



部下を潰す自分勝手な上司たち: パワハラをするクズ上司からの洗脳を解き、自尊心を守る



部下を潰す自分勝手な上司たち: パワハラをするクズ上司からの洗脳を解き、自尊心を守る

入社直後から無茶な要求をする

ろくに研修をしていないにも関わらず、入社直後から無茶な要求をするのもこの手の会社の特徴です。

全く教えていない業務を押し付け「自分一人で何とかしろ」と丸投げしたり、その会社で何十年も働いてきたベテランと同レベルのノルマを設定したりといったように、あまりにも過度な要求をする為、退職者が続出します。

このように、まともに人を育てる気が無い会社は入社直後から新人に無茶な要求をするので、人がどんどん辞めていくという特徴があります。


関連記事:新卒や未経験者に即戦力を求める会社はブラック企業だ!

最後に

今回は、新人を育てる気がない会社の特徴を解説しました。

この手の会社は、教育にかかる時間や手間、費用を極端に嫌っている為「何も教えなくても勝手に育つ人材が欲しい」といった都合の良い事を考えています。

そんな会社に勤めていると精神的に辛くなっていき、いつかは潰れてしまいます。

また、まともな会社に入って良い環境で育成されている同年代の人間とは様々な面で差がつきます。

新卒や未経験で人を育てる気がない会社に入ってしまったら、できるだけ早めに脱出することをお勧めします。


スポンサーリンク


この記事を書いた人

社畜シンド

大学卒業後、大企業から中小零細企業まで様々な規模のブラック企業にて合計約10年勤務。 過去の経験を活かし、ブラック企業やパワハラに悩んでいる方に向けて当ブログ及びツイッターで情報発信を行う。 ツイッターのフォロワー数1万人以上。 Amazon kindleにて電子書籍「部下を潰す自分勝手な上司たち」「社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口」を出版。


無料転職サポート
ブラック企業を徹底排除!厳しい基準で企業を審査する為、入社後の定着率は97%以上!
未経験、第二新卒、既卒、フリーター、無職の方向けの転職サポート

↓ここから無料登録できます

公式サイト:ブラック企業を徹底排除!|無料転職相談・サポートのウズカレIT【UZUZ IT】