新卒で入った会社を1年で辞めるのはあり?意外と何とかなる理由

新卒で入った会社を1年で辞めるのはあり?意外と何とかなる理由

新卒で会社に入社したものの、1年ほど経過した段階で辞めたいと悩んでいる方は結構います。

「人間関係が悪かった」「残業が多すぎる」「全く別の業種に転職したい」など辞めたい理由は様々ですが、一番気になるのは「1年で辞めたら転職出来ないのでは?」という事ではないでしょうか。

結論から言うと、極力あと数年辞めずに我慢した方がいいですが、辞めたら辞めたで何とかなります。

今回は、新卒で入った会社を1年で辞めるのはあり?辞めても意外と何とかなる理由について解説します。


新卒1年で辞めても何とかなる理由

よく「3年は我慢して続けろ」などと言われますし、それが原因で「1年で辞めるのは相当ヤバい事」だと思いがちですが、必ずしもそうとは限りません。

確かに、出来るのであれば辞めずにあと数年経験を積んだ方が職歴的にはプラスになります。

しかし、だからといって1年で辞めると転職出来ずに詰む訳ではありませんし意外と何とかなります。

ここではその理由を具体的に解説します。


関連記事:新卒で就活に失敗したら人生終わりは間違い、何とでもなる理由



無料自己分析サービス
リクナビネクストで無料自己分析

あなたの隠れた才能や個性を簡単な質問に答えるだけで徹底分析!



診断結果を今後のキャリア形成に活かせる自己分析ツール「グッドポイント診断


失業保険が貰える

まず、1年間今の会社で働いていたのであれば失業保険を貰う事ができます。

数か月間であるものの、収入源を確保できるのは精神的な安定に繋がるので落ち着いて転職活動を行う事が出来ます。

3ヶ月とか半年程度で退職してしまうとこれを貰うことが出来ませんので、1年我慢した人間の特権だとも言えます。

また、失業保険を貰うことが出来れば職業訓練を受けることで受給期間を延ばせる可能性もあります。

本来よりも長い期間失業保険を貰いながら職業訓練を受け、スキルを付けた上でじっくり転職活動を進める事ができます。

これが1年で辞めても意外と何とかなる理由の一つです。


1年の社会人経験で第二新卒枠を狙える

終身雇用の時代と違い、今は転職するのが当たり前の時代になっています。

その上、人手不足の状態でもあるので第二新卒枠を重視している企業も存在します。

企業からすると職歴が全くない人間と異なり、1年間仕事を続けた第二新卒の人間は社会人経験ありとしてある程度プラスに考えます。

ビジネスマナーや電話やメール対応など基礎的な部分を教える必要が無いため、研修を実務的な部分に絞って行えるというのは第二新卒を雇う企業側のメリットだと言えます。

この様に、第二新卒に需要があるのも新卒1年で辞めるのはありで、意外と何とかなる理由です。




合わせて読みたい

別業種を目指すなら早い方が良い

新卒で入った会社とは全くの別業種、別職種への転職を目指すなら、1年で辞めるのはベストなタイミングかもしれません。

中途採用は実務経験が最重視されますが、それが全く無い場合は年齢が重視されます。

「3年は続けろ」という言葉を真に受けて3年後に全く違う仕事に転職するよりは、それよりも若い1年の段階で転職するのはありです。

ただ、いくら若い方が有利だと言っても3ヵ月や半年で今の会社を辞めて転職活動をするのは危険です。

数か月で辞めるのは若さというアドバンテージよりも超短期離職者というマイナス要素の方が強くなります。

つまり、別業種を目指すなら「1年」が早すぎず遅すぎない良いタイミングだと言えます。


関連記事:新卒ですぐ辞めても全く気にしなくていい理由

最後に

今回は、新卒で入った会社を1年で辞めるのはありか?意外と何とかなる理由について解説しました。

出来れば数年続けた方が職歴的には良いですが、明らかなブラック企業に勤めていて限界だったり、全くの別業種を目指すなら1年で辞めるのは全然ありです。

また、年々第二新卒枠の需要も高まっているので、意外と拾ってくれる企業は多く存在します。

仮に1年で辞めてしまったとしても絶望する必要は全くありません。

無料転職カウンセリング
ブラック企業を徹底排除!厳しい基準で企業を審査する為、入社後の定着率は93%以上!
未経験、第二新卒、既卒、フリーター、無職の方向けの転職サポート

↓ここから無料相談できます

公式サイト: ブラック企業を徹底排除!|無料転職相談・カウンセリングのウズキャリIT【UZUZ IT】