定時で帰ると仕事を増やされる会社はさっさと辞めるべきブラック企業

定時で帰ると仕事を増やされる会社はさっさと辞めるべきブラック企業

世の中には、残業をせず定時で帰る人間の仕事を増やそうとする会社が存在します。

定時内で仕事が終わるよう仕事の効率化等様々な努力をしたにも関わらず、その結果仕事を増やされ残業をする羽目になるのは堪ったものではありません。

はっきり言いますが、仕事を効率的に終わらせる人間に対して無限に仕事量を増やそうとする会社にいてもろくなことになりませんし、さっさと辞めるべきです。

今回は、定時で帰ると仕事を増やされる会社はさっさと辞めるべきブラック企業であることについて解説します。


定時で帰ると仕事を増やされる会社がブラックである理由

定時で帰ることができるように工夫して仕事をしている人間に対して「定時で帰れるのは仕事が少ないからだ」とその努力を無視したり「あいつはやる気が無い」と変なレッテルを貼った上で仕事を増やし、無理矢理残業をさせる会社はただのブラック企業です。

そんな会社に勤め続けても良い事はありませんし、無限に仕事を増やされキャパオーバーになるのがオチです。

ここでは、そんなブラック企業をさっさと辞めるべき理由を具体的に解説します。


関連記事:定時帰りに理由が必要な会社はさっさと辞めるべきブラック企業だ




スポンサーリンク


無限に仕事を増やされ永遠に定時帰りできなくなる

定時で帰ると仕事を増やされる会社で働いていると、永遠に定時に帰ることができなくなります。

そのような会社では、仕事を効率化すればするほど新たな仕事を振られるので、仕事を増やされ続けて残業をするか、仕事を増やされないように「今の仕事で手一杯」というふりをしながらゆっくり仕事をして残業をするかの2択になります。

どちらにせよ、残業をすることには変わりありません。

このように、どう足掻いても残業をさせられるのがこの手の会社がさっさと辞めるべきブラック企業である理由の一つです。


「定時帰り=楽をしている」という価値観がある会社

定時で帰ると仕事を増やされる会社の上の人間は、「定時帰り=楽をしている」「長時間残業=頑張っている」という古い価値観を未だに持ち続けている可能性があります。

そのような会社では、定時で帰る為に仕事を効率化しても評価されず、逆に「あいつは楽をしようとしている」と低評価されることさえあります。

そんな会社で働き続けても古い価値観や精神論、根性論を押し付けられ理不尽な扱いをされるだけなので、早めに辞めるべきだと言えます。


関連記事:定時で帰るのは当たり前!何も悪くない理由

お知らせ

Amazon Kindleにて電子書籍「社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口: こうしてみんな壊されていく」を出版しました。
本書では、「うちの会社ってもしかしてブラック企業?」「上司から洗脳されているのかもしれない」と疑問を持っている方に向けて、ブラック企業が行う洗脳の具体例を解説しています。

Kindle Unlimitedに加入されている方なら無料でお読みいただけます。


社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口: こうしてみんな壊されていく

キャパオーバーになるまでこき使われる

定時で帰ると仕事を増やされる会社は、社員に対して限界まで仕事を押し付ける事しか考えていません。

効率化して早く終わるならその分仕事を増やし、それでもまだ余裕がありそうなら更に仕事を増やそうとします。

そうやって社員全員に少しの余裕も与えず限界まで仕事を増やすので、いつかはキャパオーバーになります。

従業員は人間であり、ロボットではありません。

1ミリの余裕も与えず無限に仕事を増やそうとする会社は社員の事を何も考えていない会社だと言えます。


関連記事:効率化しても無限に仕事が増えるような職場は辞めるべきブラック企業

電子書籍を出版しました!
この度、Kindleにて電子書籍を出版しました。

日々、理不尽なパワハラ上司から叱られ続け、「自分はダメな人間なんだ…」と自分を責めてしまっている方に向けた書籍であり、「悪いのは自分ではなく上司の方だ」と認識出来るような内容になっています。

Kindle Unlimitedに加入されている方なら無料でお読みいただけます。



部下を潰す自分勝手な上司たち: パワハラをするクズ上司からの洗脳を解き、自尊心を守る



部下を潰す自分勝手な上司たち: パワハラをするクズ上司からの洗脳を解き、自尊心を守る

最後に

今回は、定時で帰ると仕事を増やされる会社はさっさと辞めるべきブラック企業である理由について解説しました。

定時で帰ることができるように努力をする人間を評価するのがまともな会社です。

そうではなく、定時で帰ると楽をしているだのやる気が無いだのと変なレッテルを貼って仕事を無理矢理増やそうとしたり、社員に余裕を与える事を嫌い、限界まで仕事を増やしてキャパオーバーに追い込む会社はただのブラック企業だと言えます。

そんな会社に勤めていても、いずれ精神的・肉体的に限界がきます。

そうなる前に、早めに脱出することをお勧めします。


スポンサーリンク


この記事を書いた人

社畜シンド

大学卒業後、大企業から中小零細企業まで様々な規模のブラック企業にて合計約10年勤務。 過去の経験を活かし、ブラック企業やパワハラに悩んでいる方に向けて当ブログ及びツイッターで情報発信を行う。 ツイッターのフォロワー数1万人以上。 Amazon kindleにて電子書籍「部下を潰す自分勝手な上司たち」「社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口」を出版。


無料転職サポート
ブラック企業を徹底排除!厳しい基準で企業を審査する為、入社後の定着率は97%以上!
未経験、第二新卒、既卒、フリーター、無職の方向けの転職サポート

↓ここから無料登録できます

公式サイト:ブラック企業を徹底排除!|無料転職相談・サポートのウズカレIT【UZUZ IT】