大声で怒鳴るのはパワハラ!そんな事をする上司は普通ではない

大声で怒鳴るのはパワハラ!そんな事をする上司は普通ではない

あなたの職場には「何かあるとすぐに大声で怒鳴る上司」はいませんか?

そんな上司が職場にいると、常に「いつ怒鳴られるか分からない」といった不安を感じながら仕事をする羽目になります。

中には「仕事ができないから怒鳴られるのは当たり前だ…」などと自分を責めてしまう人もいますが、その必要はありません。

はっきり言って、部下を怒鳴りつける上司はまともではありませんし、それは立派なパワハラであり、上司の方がおかしいんです。

今回は、大声で怒鳴るのはパワハラ、そんな事をする上司は普通ではないことについて解説します。


大声で怒鳴るのがパワハラである理由

部下を大声で怒鳴りつける上司は、「お前を育てる為にあえて厳しく言ってるんだ!」「仕事ができるようになれば怒鳴ったりなんてしない」などと言い、自分の行為を正当化することが多いですが、騙されてはいけません。

部下を指導するために叱るのは仕方のないことですが、大声で怒鳴りつける必要なんてありませんし、そんな事をする上司はイライラを抑えられずストレスを発散しているに過ぎません。

ここでは、大声で怒鳴る行為がパワハラであり、そんな上司は普通ではない理由を詳しく解説します。


関連記事:高圧的な上司はなぜ部下を委縮させるのか?ほとんどは自分勝手な理由




スポンサーリンク


そもそも怒鳴る必要が無い

そもそも、オフィスワークで部下がミスをしたからといって大声で怒鳴る必要はありません。

例えば、肉体労働の仕事で物理的な危険が迫っており、それを知らせる為に怒鳴るなら問題は無いでしょう。

しかし、オフィスワークの仕事なら仮にミスをしたところで大声で怒鳴る必要のある状況になることはほとんどありません。

結局のところ、必要も無いのに部下を怒鳴りつけているに過ぎず、そんなのは指導でも教育でもなくただのパワハラです。


感情を抑えられず部下にぶつけている

大声で部下を怒鳴りつける上司は、感情を抑えられずそれを部下にぶつけていることが非常に多いです。

部下がミスをしたとしても、その原因や対策について冷静に指導するのが管理職である上司の仕事です。

そうではなく、イライラを抑えられず感情的に部下を大声で怒鳴るのは、指導しているのではなく精神的な攻撃をしているに過ぎません。

それは立派なパワハラですし、そんな事をする上司は普通ではないと言えます。


お知らせ

Amazon Kindleにて電子書籍「社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口: こうしてみんな壊されていく」を出版しました。
本書では、「うちの会社ってもしかしてブラック企業?」「上司から洗脳されているのかもしれない」と疑問を持っている方に向けて、ブラック企業が行う洗脳の具体例を解説しています。

Kindle Unlimitedに加入されている方なら無料でお読みいただけます。


社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口: こうしてみんな壊されていく

精神的な苦痛を与え委縮させている

大声で怒鳴られたとしても、それで成長する人間なんて少数です。

それどころか、すぐに怒鳴る上司に怯え委縮してミスが余計に増えたり、精神的に病んでしまいまともに仕事ができなくなる人間の方が余程多いでしょう。

また、怒鳴られ続けた人間は自分に自信が無くなり、そのせいで仕事のパフォーマンスが落ちる事も十分に考えられます。

部下を怒鳴って上司はすっきりするかもしれませんが、部下や会社にとっては何のプラスにもなりません。


関連記事:怖い上司に怯え、ビクビクしながら仕事をする職場は辞めた方がいい

電子書籍を出版しました!
この度、Kindleにて電子書籍を出版しました。

日々、理不尽なパワハラ上司から叱られ続け、「自分はダメな人間なんだ…」と自分を責めてしまっている方に向けた書籍であり、「悪いのは自分ではなく上司の方だ」と認識出来るような内容になっています。

Kindle Unlimitedに加入されている方なら無料でお読みいただけます。



部下を潰す自分勝手な上司たち: パワハラをするクズ上司からの洗脳を解き、自尊心を守る



部下を潰す自分勝手な上司たち: パワハラをするクズ上司からの洗脳を解き、自尊心を守る

最後に

今回は、大声で怒鳴るのはパワハラであり、そんな事をする上司は普通ではないことについて解説しました。

肉体労働で物理的な危険が迫っているという状況でもない限り、仮に部下がミスをしたからといって怒鳴る必要なんてありません。

指導するにしても冷静に落ち着いて話せばいいだけです。

にもかかわらず、不必要に怒鳴りまくる上司は自分の感情が抑えられない未熟な人間です。

そうやって部下に迷惑をかける人間は普通ではありませんし、管理職として失格だと言えます。

自分の上司が常に怒鳴るタイプの人間なのであれば、潰される前に異動や転職といった手段でできるだけ早く離れる事をお勧めします。


スポンサーリンク


この記事を書いた人

社畜シンド

大学卒業後、大企業から中小零細企業まで様々な規模のブラック企業にて合計約10年勤務。 過去の経験を活かし、ブラック企業やパワハラに悩んでいる方に向けて当ブログ及びツイッターで情報発信を行う。 ツイッターのフォロワー数1万人以上。 Amazon kindleにて電子書籍「部下を潰す自分勝手な上司たち」「社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口」を出版。


無料転職サポート
ブラック企業を徹底排除!厳しい基準で企業を審査する為、入社後の定着率は97%以上!
未経験、第二新卒、既卒、フリーター、無職の方向けの転職サポート

↓ここから無料登録できます

公式サイト:ブラック企業を徹底排除!|無料転職相談・サポートのウズカレIT【UZUZ IT】