新卒は絶対に大手に行くべきその理由

新卒は絶対に大手に行くべきその理由

新卒で就職活動をしていると、大手企業に入社するべきかベンチャー企業に行くべきか悩むと思います。

ここでどちらの選択肢を取るかによって、今後の人生が大きく変化します。

その為、安易に判断せずじっくりと考えることが大切です。よく、「ベンチャー企業に入って成長したい」という言葉を聞きますが、筆者としては正直これには反対であり、新卒では大手に入った方が無難です。

余程自分の力に自信がある方は別ですが、大抵の場合、ベンチャー企業に新卒で入ってしまうと後悔することになります。

今回は、新卒では絶対に大手に行くべきであり、その理由について解説します。


新卒で大手に行く方がいい理由

新卒で大手に行ったほうがいい理由は様々ですが、一番大きいのは「新卒でベンチャー企業に入るにはリスクが高い」ことです。

正直、ベンチャー企業は新卒キップを使ってまで入るような会社ではありません。また、ここで選択肢を間違えると取り返しの付かない事態になる可能性があります。

それでは大手に行くほうがいい理由について解説します。

関連記事:大企業とは?入社するメリット解説

研修がしっかりしている

大手企業の方が、ベンチャー企業よりも間違いなく研修がしっかりしています。

毎年大勢の若手社員を受け入れているので、研修のノウハウもあり、じっくりとスキル・知識を身に付けることができます。

逆にベンチャー企業の場合、そもそも若手社員の教育経験が少ないため、研修内容が整っていません。

また、ゆっくりと新人を育てる余裕も無く、即戦力としてカウントされますので、ろくに育成もしないまま成果を求める傾向が強いです。

つまり、「成長したいならベンチャー企業よりも大手企業のほうがいい」と言えます。

これが、新卒時には大手に行ったほうがいい最大の理由です。


倒産する可能性がある

ベンチャー企業は設立後まだあまり時間が経っていない企業です。

その為、行っている事業も安定しておらず、いつ倒産するか分からないような状態です。

経営者も企業経営の経験も短いことも考えられ、将来的にどうなるか分かりません。

自分にやる気があって頑張っていたとしても、入社後すぐに倒産してしまうと、「職歴の短い若手」として転職活動をすることになります。

この様に、職歴やスキルが身に付く前に倒産してしまう危険性がベンチャー企業にはあることが、新卒では大手にいったほうがいい理由の一つです。


コンプライアンス意識が薄い

大手企業と異なり、設立したばかりのベンチャー企業はコンプライアンス意識が薄い傾向にあります。

その為、各種ハラスメントが蔓延していたり、それの相談窓口がないことが多いです。

また、もしハラスメントの被害にあったり、病気になった場合でも部署の異動をすることはほぼ不可能です。

そもそも小さな会社は部署と言った概念自体がないケースもあります。逆に大手だと、何か問題が起こった際には部署異動によって当事者と離れることができます。


転職で大手に行けない

転職をする際、大手からベンチャーに行くことは容易ですが、ベンチャーから大手に行くのはかなり困難です。

企業によっては新卒しか採用していない大手も存在します。

ですので、わざわざ大切な新卒時にベンチャーに入社するメリットはほとんどありません。

まずは大手に入り、そこで興味が湧いたら転職でベンチャーに行く事をお勧めします。


福利厚生がしっかりしている

大手企業の方が、ベンチャー企業よりも福利厚生がしっかりしている可能性が高いです。特に設立後間もないようなベンチャー企業は、福利厚生にコストをかける余裕がありません。

また、休職などの制度自体が無いことも多いです。もし、体調を崩してしまっても休職できないので我慢して働くか、退職するしか選択肢がありません。

この様に、福利厚生面がしっかりしていることも、大手に行ったほうがいい理由です。


最後に

今回は新卒では絶対に大手に行ったほうがいい理由について解説しました。

基本的に、ベンチャー企業は経験やスキルが無い新卒が入るような会社ではありません

他社でしっかりと実力を身に付けた人間が、やりたいことがあって転職する先がベンチャー企業です。

成長するにしても、じっくりと時間をかけて育成してくれる大手企業の方が間違いなく良いです。

また、新卒を逃すと大手企業に入る難易度が非常に高くなります。

余程の事情がない限り、大手企業に入社する事を目指したほうがいいと言えます。