最低賃金が上がったら潰れるなんて会社は潰れた方がいい理由

最低賃金が上がったら潰れるなんて会社は潰れた方がいい理由

2022年10月より、全国的に最低賃金の引き上げが行われました。

労働者にとってはうれしいことですが、経営者の中には「最低賃金が上がると会社が潰れてしまう」と考えている人もいるでしょう。

まるで自分が被害者のように振る舞っていますが、そんなことはありません。

むしろ、そんな会社は今まで安すぎる賃金で従業員をこき使い、その犠牲の上で何とか経営していたある意味加害者のようなものです。

そのような会社は社会に悪影響を与える為、潰れてしまった方が良いと言えます。

今回は、最低賃金が上がったら潰れるなんて会社はいっそのこと潰れてしまった方がいい理由を解説します。


最低賃金が上がったら潰れる会社は潰れるべき理由

最低賃金が上がることにより、確かに会社側の負担は増える事になります。

しかし、その程度で潰れてしまうような会社なら、そのまま潰れてしまった方がいいです。

理由としては「今まで低賃金でこき使いすぎていただけ」「従業員の生活をまるで考えていない」などが挙げられます。

それでは詳しく見ていきましょう。


関連記事:残業代を払ったら潰れるような会社は潰れるべき




スポンサーリンク


今まで低賃金でこき使いすぎていただけ

今まで従業員を最低賃金で雇っており、引き上げに伴い給料を上げざるを得ないのであれば、それは今までがおかしかっただけです。

安すぎる給料で従業員をこき使い、無理矢理利益を出していたと考えられます。

ある意味、従業員を犠牲にすることで生き延びていた会社だと言えます。

そんな会社は、そもそも事業として成り立っていません。


従業員の生活をまるで考えていない

そもそも、最低賃金で人を雇おうとしている会社は従業員の生活の事をまるで考えていません。

まともな金額の給料を払わず、それが原因で苦しい生活を強いられている従業員を横目に、自分だけはしっかり儲かるようにします。

社員の生活を守ることは会社の役目です。

それを放棄し、自分だけ良い思いができればそれでいいなんて考えの経営者の会社は潰れてしまった方がいいと言えます。


お知らせ

Amazon Kindleにて電子書籍「社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口: こうしてみんな壊されていく」を出版しました。
本書では、「うちの会社ってもしかしてブラック企業?」「上司から洗脳されているのかもしれない」と疑問を持っている方に向けて、ブラック企業が行う洗脳の具体例を解説しています。

Kindle Unlimitedに加入されている方なら無料でお読みいただけます。


社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口: こうしてみんな壊されていく

まともな同業他社に迷惑をかけている

人を最低賃金で雇っている会社は、その会社の同業他社に迷惑をかけています。

従業員の事を考え、生活に困らないような給料を払っているまともな会社よりも、人件費を安く抑える事で商品やサービスの価格を低く出来てしまいます。

それが原因で、しっかり社員に給料を払っているまともな会社が本来得られるはずだった売り上げを吸い上げる結果になります。

この様に、存続することによってホワイト企業に迷惑をかけてしまうことも、最低賃金が上がってぐちぐち文句を言う会社は潰れた方がいい理由の一つです。


電子書籍を出版しました!
この度、Kindleにて電子書籍を出版しました。

日々、理不尽なパワハラ上司から叱られ続け、「自分はダメな人間なんだ…」と自分を責めてしまっている方に向けた書籍であり、「悪いのは自分ではなく上司の方だ」と認識出来るような内容になっています。

Kindle Unlimitedに加入されている方なら無料でお読みいただけます。



部下を潰す自分勝手な上司たち: パワハラをするクズ上司からの洗脳を解き、自尊心を守る



部下を潰す自分勝手な上司たち: パワハラをするクズ上司からの洗脳を解き、自尊心を守る

その程度も払えない会社は人を雇う資格が無い

1日8時間、月に20日働くとして月間160時間、それが12ヶ月なら年間で1920時間働くことになります。

仮に最低賃金が時給1,000円だとすると、年収192万円程度です。

つまり、最低賃金が上がると潰れるなどといっている会社は、従業員一人に年収200万円すら払えない会社だと言う事です。

はっきり言いますが、そんな会社は人を雇う資格はありません。

むしろ始めから人を雇わず一人で事業を営んでいた方がよかったのではないかと考えられます。


関連記事:若者が出世したくないと思うのは当然、全然割に合わない会社が多い

最後に

今回は、「最低賃金が上がったら潰れる」なんて会社はそのまま潰れてしまった方がいい理由について解説しました。

そのような会社は、今まで低賃金で従業員をこき使い、その犠牲の上に成り立っていただけです。

働く側の生活なんて何も考えていない会社ですし、その上、しっかり高い給料を払っている同業他社の邪魔をしているとも言えます。

そんな会社がしぶとく存続しても社会に悪影響を与えるだけです。


スポンサーリンク


この記事を書いた人

社畜シンド

大学卒業後、大企業から中小零細企業まで様々な規模のブラック企業にて合計約10年勤務。 過去の経験を活かし、ブラック企業やパワハラに悩んでいる方に向けて当ブログ及びツイッターで情報発信を行う。 ツイッターのフォロワー数1万人以上。 Amazon kindleにて電子書籍「部下を潰す自分勝手な上司たち」「社員を洗脳するブラック企業の卑劣な手口」を出版。


無料転職サポート
ブラック企業を徹底排除!厳しい基準で企業を審査する為、入社後の定着率は97%以上!
未経験、第二新卒、既卒、フリーター、無職の方向けの転職サポート

↓ここから無料登録できます

公式サイト:ブラック企業を徹底排除!|無料転職相談・サポートのウズカレIT【UZUZ IT】